ここから本文です

最近、死が怖いです。 死と言っても自分のではなく、家族のです。 私は家族が大...

o0jon_sa0oさん

2011/6/703:59:39

最近、死が怖いです。
死と言っても自分のではなく、家族のです。
私は家族が大好きです。
ずっと一緒にいたいんです。

私の家族は健康です(少なくとも今は病気は抱えてない)
でも、祖母の年齢が恐らくもう80を越えています。
家事をしたり、買い物に行ったりと体は元気なようなんですが、やはり歳が歳なので、別れが来るのが怖いんです。

小さい頃から、私の成人式まで生きたい、結婚式まで生きたいと言うことはあったのですが、当時はまだまだ先のことだと、深く別れについて考えてませんでした。
しかし18歳になった今になり、凄く別れが怖くなりました。
祖母が「私がいなくなっても~」のようなことをたまに口にすると耳をふさぎたくなってしまいます。

私の両親は共働きだったので小さい時から祖母に育てられてきました。いわゆるおばあちゃんっ子です。
そんな大好きな祖母ともいつか近い未来別れなければならないと考えると涙が出て来てしまい、最近では毎晩寝る度に考えてしまい泣いています。

私はあまり素直になれなく、つい祖母に素っ気ない態度を取ってしまいます。でも大好きなんです。


どうしたらこの辛い気持ちをなくせるのでしょうか。
また、私はどうしたらいいのでしょうか。

閲覧数:
15,932
回答数:
9
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

samuzamuekiさん

2011/6/704:20:39

あなたは優しい方ですね。
確かに人間にとって親しい人(特に家族)を失うのは最も辛く、悲しく、怖いことです。

でも必ず別れはやってきます。
それは覚悟するしないに関わらずです。
しかも覚悟ができる人などそういないのが事実でしょう。

私も数々の別れを経験しました。
その時は喪失感に襲われますが、時間が経つと良い思い出だけが残り、今は天国から見守ってくれていると信じてます。
また自分が精一杯生きるのがその人たちを安心させる唯一の方法だと思います。

ただ、生きている時に「こんな風にしてあげればよかった」という後悔だけはずっと残ります。時間は戻せません。

ですからあなたが出来ることは別れを考えるのではなく、後悔しないようにおばあ様との一日一日を大切に過ごす事です。
素直になり優しく何でもやってあげて下さい。
お年寄りは自分の人生が少ない事を知っています。
あなたの優しさが「素敵な人生だった」と思ってもらえる理由になるのです。
とにかく後悔しない事ですよ。

質問した人からのコメント

2011/6/14 08:16:15

どの回答も心に響きベストアンサーを決めるのに迷ってしまいました。
皆様素晴らしい回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

xthwh969さん

2011/6/718:13:12

素っ気ない態度を取ってしまわれているとのことですが、このままでは別れが来た際に貴方はとても後悔するでしょう。
素直になれないことを言い訳にしてはいけません。死が分かつまで少しでも長く一緒に過ごしてお婆ちゃんを喜ばせてください。
他愛もない会話でも全然構わないでしょう。

どのような形であれ、別れとは悲しいものです。しかしそこに至るまでに何をしたかによってその後どのように考えれるかが変わってきます。
素っ気ない態度を取り続けてしまうか、それとも素直に大好きなおばあちゃんと笑顔で過ごすかだけでその辛い気持ちも変わるのではないでしょうか?

pthdw530さん

2011/6/705:02:08

とてもお婆ちゃん子なんですね。

優しさがにじみ出てきます。

ずっとおばあちゃんと一緒にいたくても、死はやってきます。

今のままでは、おばあちゃんがいざ亡くなったときに、「あのとき、こうしておけばよかった。もっと、自分の気持ちに正直になるべきだった」とか、後悔することばかり出てくるでしょう。

おばあちゃんが大好きな気持ちがあるなら、ちょっといつもと違う態度を勇気を出してやってみましょうよ。

買い物に一緒に行ったりするのもいいですね。

「おはよう」と挨拶だけかわすのもいいと思います。

あと、あなた様の気持ちを伝えるにもってこいなのは、折り紙かな。

鶴を作ることはできますか?

羽の部分に「おはよう」とか、「私素っ気無いけど、お婆ちゃんのこと大好きだから」、「夕飯、魚がいい(笑)」とか一言書いて、机の上に置いておくのはどうですか?

もちろん、自分の名前を書いて。

素っ気無いあなた様の内心の気持ちが、きっとおばあちゃんに届くでしょう。

今は泣くことより、おばあちゃんにあなた様の気持ちを伝え、楽しい思い出をたくさん作ることだと思います。

ttei_09さん

2011/6/704:52:58

寝る前に泣いてる事を、おばあちゃんが知ったら悲しむでしょう。
高齢になればなる程、おばあちゃん自身も言わなくても家族に迷惑をかけていると考えたり、衰えを感じて落ち込んだりと、おばあちゃんも言わないだけで不安や悩みを抱えています。
今はお元気という事で、口に出して言わないと思いますが、不自由になるにつれ弱音を吐いたりする可能性もあります。私の祖母が今そんな状況なのですが、私はまだ祖母より若いので辛さは共有出来ません。ですから、一緒に辛いよね等共感せず、明るく元気だった頃と変わらず接する事で、まだまだ以前と変わらないよという気持ちが伝わればと思っています。

他の方もおっしゃるように、おばあちゃんに限らず誰しもいつ死ぬかは分かりません。
同じ死ぬなら、後悔のないようにきちんと言葉や態度で感謝や労いの気持ちを伝えないと、後々本当に後悔し引きずってしまいます。

恥ずかしいなら手紙やおばあちゃんの好きな物をプレゼントする等してみて下さい。

泣くより行動で伝えれば、きっと貴女もおばあちゃんも幸せな時間を過ごせると思います。
悲しむより、今は出来る事を些細な事でも構わないので精一杯してあげる事が大切です。
何よりおばあちゃんが一番喜んでくれる事が、貴女も嬉しいと思えるので、頑張って下さい。

mkbinpさん

2011/6/704:33:26

それは、ファミリーを大事にする血族を大切に思うとても人間らしい発想だと思います。
また思春期の複雑な感情や思考が、強い恐怖となって顕れているのだと思います。

ただしどんなに死を恐れ神仏に祈ったトコロで人間が生物である以上死から逃れることは、できません!
では、どうするか…?!
いざと言う時に出来るだけ後悔をしない生き方をするするコトです。
「つい、素っ気ない態度をとる」と言うことですが、素っ気ない態度を取らないで下さい。
「お祖母さんが大切だ(大好きだ)」と言う思いを表して下さい。
どれだけ最善を尽くしても最後、後悔はするでしょうが…それでも納得するしかありません。
ならば、出来るだけ後悔しない生き方を送るしかないと思います。
何かをする時、これで後悔しないか?と自分に問い掛けてみて下さい。
そうすれば…後になってあの時は、あれが最善だったのだと納得できます。
何だか宗教的な言い方になって来ましたが、40年近く生きて来て出会いと別れを繰り返してきて得た私なりの処世術です。

inudruさん

2011/6/704:29:12

自然の摂理から言って、いつか失う日が来るのは必然ですよね。
失うことを恐れるだけではなく、失うという前提で考えて、
では失うまでに自分がどれだけのことをしてあげられるのだろうか?
失うまでにできることをやるしかないという覚悟みたいなものが
必要なのではないかと思います。

大好きなら大好きであることを伝えてあげることは
とても重要だと思います。
失ってから後悔することがないように
今を精一杯一緒に楽しく過ごすことぐらいしか
できることはないように思います。

両親や祖父母を失うことから逃げることはできないでしょう。
自分も祖父や祖母を亡くしたときは泣きました。
でもそこで死というものと対峙して、いろいろ学ぶことができました。
それは実際に経験してみないとわからないことですし、
大事な人の死を乗り越えて人は強くなっていくのだと思います。
僕も祖父母の亡骸を思い出すと今でも涙があふれます。
が、悲しいのですけど、自然の摂理なのです。
受け入れるしかない。

失う恐怖に縮こまるよりも、今まで受け取った愛情に報いる事が
大事なのではないでしょうか?
そして、いつ失うかを考えるよりも、どうすれば残された時間を後悔なく
おばあちゃんが幸せだったと思えるようにできるかを
考えたほうが良いと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。