ここから本文です

会社の部下が「若年性パーキンソン病」と診断されました。 病気については調べ...

gaj********さん

2011/6/810:39:21

会社の部下が「若年性パーキンソン病」と診断されました。

病気については調べたのですが、仕事をする上での注意点はありますか?

本人の仕事を続ける意志は固いです。

状況
性別 男
年齢 四十代前半
仕事 営業職
勤務 9時00分~20時00分

車の運転有りの仕事です。現在は動作は遅いですが、「落ち着いた言動の人」位のレベルです。
一定以上の緊張状態になると、手足の震えがあるそうです。
薬を出してもらっていますが、なるべく飲まないでやっています。

回答お願い致します。

閲覧数:
12,047
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aya********さん

2011/6/810:54:07

パーキンソン病は難病です。薬は飲むべきだと思いますよ。症状としては、段々と歩けなくなったり、顔の振るえ、手足の振るえなどが出て来ます。進行の早い遅いもありますが、ほとんどの方が普通に生活出来なくなるでしょう。
営業ですと、言語にも支障をきたす事にもなります。今はまだ少し緩慢なだけかも知れませんので仕事にも余り差し支えないのでしょうが…。段々進行していきます。まだお若いから仕事の意欲はおありでしょう。ギリギリまで見守ってみてあげて下さい。車の運転も危ないですね。病気が進行するとデスクワークでも難しいかと思いますよ。
病院の薬はきちんと飲まなければどんどん悪くなりますよ。

質問した人からのコメント

2011/6/15 02:29:23

本人と話して、ギリギリまでは見守ろうと思います。

皆様の回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

moo********さん

2011/6/1315:58:22

薬はちゃんと飲んだ方がいいです。
同じ若年性パーキンソン病の友人に発病してから5年程経って会った時に、薬を飲んでいると体は動くが、薬が切れるとパッタリと動けなり、それは前触れもなく急に起こるので、外出も大変だし、車の運転は止めたと言っていました。
部下さんの病気の進行状況と友人の病気の進行状況が同じとは限りませんから、ある程度の時期から車の運転はさせない方がいいかと思いますよ。

gna********さん

2011/6/909:25:24

車の運転では、会社は力ずくでも休養を与えるか別な仕事を与えるかした方が良いと思います。
何かあってからでは遅いです。本人が大丈夫と言ったからは通用しません。

iri********さん

編集あり2011/6/821:56:45

ヘルパーの資格を持ち若年性パーキンソン病患者を介護した経験があります。

まずその方は、若いのでやはり進行が凄まじく早かったです。
大げさかもしれませんが本当に日に日に変わる姿を目のあたりにしました。


まず、薬はしっかり飲んだ方が良いかと思います。
進行を止めたり治すことのできない病気ではありますが、遅らせることはできます。

医者には車の運転について何と言われているのでしょうか?
ご本人さまを直接見ていないので何とも言えませんが、今はきっと大丈夫なのかな?


注意というか‥‥、今後仕事に関してミスが目立つようになると思います。
このまま会社側が雇い続けると決めたなら、最も最悪なケースなどさまざまな起こりえることも覚悟することでしょうか。


最終的にいきつくとこは何か、あえて教えすることは控えさせていただきます。

ご本人が一番しんどいと思います。
残された時間でたくさんの思い出をつくって、有意義に充実した生活がおくれますように。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる