ここから本文です

以前もお聞きしました、アウトドアの燃料についてです。 エスビットの固形燃料や...

amk********さん

2011/6/1021:31:00

以前もお聞きしました、アウトドアの燃料についてです。
エスビットの固形燃料やエスビットやトランギアで使えるアルコールバーナーなどは安全で使いやすいですか?

固形燃料やアルコールでも車内においていたらやっぱり危ないんですか??
今はガスボンベを持っていますがもっと安全そうな物を探していてエスビットなどはどうかなーと思いました。
消毒用アルコールでも使えるとあったので安全なのかなと思ったんですが。
色々良さそうな商品が多くてなにがいいのか分かりません。
お勧めがありましたら教えてください。

閲覧数:
1,480
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tro********さん

2011/6/1102:52:49

どんな燃料にもメリットとデメリツトが共存します。ただ言えるのはどの燃料
でも車内に置くのは感心しません。炎天下の車の中は予想以上に高温に
なるので避けねばなりません。ではまずアルコール系ですが、最大のデメ
リットは火力が弱いということでしょう。次にホワイトガソリンですが、ポンピ
ングが必要だということが弱点です。朝起きて熱いお茶を一杯飲みたいだ
けなのに、抜けてしまった圧力を上げるために汗だくでポンピングなんて誰
もやりたくはないでしょう。そこでガスの登場ですが、ガスの欠点はコストが
かかるということです。 頻繁にキャンプに行く人にとってはこれは負担です
よね。まあ一概に燃料はどれがよくって、 どれが良くないとは言えません
が、わたしのスタイルはいろいろ試してみて、料理などは簡単な煮炊きな
らイワタニのカセットガス。本格的な料理にはイワタニプリムスのガス。照
明はちょっと面倒でもコールマンのノーススター(ホワイトガソリン)と使い分
けています。参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2011/6/17 16:18:05

笑う どの方のご意見も参考になり大変迷いました。詳しく教えてくださりありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

u1_********さん

2011/6/1105:05:49

一番安定性?のあるのが炭です。

それにエスビットを着火材、備長炭には直接無理ですから、万っグローブ炭を介在させます。

燃料は一長一短、特性に合わせて使い回します。
防災でガソリンから薪まで持ち合わせ、違法行為まで実践した経験があります。

アルコールは風に弱く、火力が弱いです。
トランギアも当然あります。
燃料は多岐用途、消毒・飲用・燃料でウォッカ96度、笑えるでしょ!
これで湯を沸かす事まで想定内です。
アルコールの燃焼、日中ですと全く炎が見えません。火傷にご注意を、

固形燃料はデュアルヒート以外、気化劣化するとお考え下さい。

まあ考え方ですが、松ぼっくりを着火材に・・・・防災サバイバルですね。

kan********さん

2011/6/1023:55:44

エスビットの利点は小さいってことのみ(批判を恐れずにいいますと)
ある意味安全ではありますが火力はないし価格的にもコストパフォーマンスがいいとは言えません。
アルコールとはいえ液体燃料は熱くなる場所に置くと危険なのはいっしょです。
バックパッカーで極力荷物を減らし食事はレーションとかレトルトでガマンできるというならいいですけど(^_^;)
ガスならスノーピークの天地シリーズなんか小型の割に使い勝手がいいです。
液体燃料では慣れが必要ではありますがSOTOのMUKAスト-ブなんかかな。
発売前ではありますがすぐれもんです!!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる