日本の原発の発電コストは火力発電や水力発電の発電コストより高いのです。高い電力を使って製造した製品で輸出競争に勝つ為には安い労働が必要となり労働者に低賃金を強い

補足

世界一精緻(?)と言われる原子力発電設備AR1000をアメリカはじめ全世界に輸出するのもいいですが、仮に手動誤操作で緊急冷却水が止められても自動的に復帰させる位のフェイルセイフを付けて地震・天災・暴動などの恐れのある場所には輸出も据え付けもしない最善の配慮もしてほしいものです。

自然エネルギー319閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

【もんじゅ】の事故対策も手詰まりになっている現状から、新規原発建設予算をすべて九州電力が30年以上の運転実績をもつ【地熱発電】規模の発電所の建設と【潮流発電】の開発に振り向ける位の政治決断でもして欲しいものです。

お礼日時:2011/6/12 18:20

その他の回答(4件)

0

字数制限に引っ掛かってしまいました。 対応可能な装置にはしてあった。しかし千百年に一度の大災害に遭ってしまった。 俗に言われるのですが、一番古臭い業界は何処か? 信頼性を求められる航空業界は、古臭いと言われます。 それ以上にもっと古臭いのが、原発です。 コンピューター所か、半導体にさえ任せられない、と言った体質が色濃く残っている業界です。 直流を作る電源には、半導体の力を借りない安定化電源さええ残ってたりします。(想像出来ますか? 増幅器を使わないで安定化する方法を) それ程のコストを掛けているのです。 >仮に手動誤操作で緊急冷却水が止められても >自動的に復帰させる位のフェイルセイフ これは自己矛盾ですね。自動に任せられない程の事態だから、手動制御する。しかしその手動制御の介入にオーバーライドして、機械の制御が勝る、、、。 暴走・破局への第一歩でしょう、それは。 良く、運転要員の教育・訓練という事が言われます。しかしそれだけでは無く、国民全体が万が一を想定し、必要な法律から整備しておく環境を当たり前にする事が大事だと感じます。 理系の人間は、魂を売っちゃった輩を除けば、多数が「筋」を弁えている筈です。 理系が死に絶える前に、文系が完全にのさばっちゃう前に、「フェア」な社会、長い物に巻かれないで済む社会にして行きたいものです。 駄文長文失礼

0

発電コストが安いか高いかよりも、渇水期に発電能力が足りなく成る事に対して、火力では外国への依存度が高まって政情不安に弱く成る事、輸入コストが膨大である事等から、安定供給源を原子力に求めた、という事なのではないでしょうか? 一般家庭の冷房が無かった時代でさえ、電力は不足した。今は・・・、です。 企業も、その時期その時期で稼げるターゲットを変えて生産活動をしますから、火力のボイラーも作り続け、原子力の"釜"も作り続け、そして今は巨大な風車も作っている。当然の如く、それらの基盤に成った技術である造船も継続している、と考えます。明石海峡大橋も造船技術の賜物だった訳ですし。 ジェットやタービンから考えたらレシプロ機関は古臭くて効率悪そうに思えたりしますが、どっこい、超大型のディーゼルエンジンも作ってたりして、しかもそれが地球上で一番良い熱効率を実現してたりします。 儲かると思ったら何でもやるのですよ。やって稼げなきゃ駄目経営者です、会社組織は。 日本の原発は、極めて大事に大事に使われています。運転し始めたら、ずっと定格負荷を掛けて変動しない様にします。温度や圧力を変動させる様な使い方をしません。つまり、昼夜の発電力の差による熱応力の発生さえ避ける様に使われて来ました。 又、巨大インフラでは、交換出来る所は定期交換です。壊れていなくても換えて捨てちゃいます。 新幹線も、開業25周年を期に、中央司令室をそっくり入れ換えました。(確か設置ビルさえ変わった筈です) だから、一見古臭い設備に見えて、ちゃんと新しい物に置き換わっているのです。 よって、基幹部品である"釜"の寿命(中性子脆化の問題も含めて)から延長しても大丈夫だろう、という目算が立てられた訳です。 何の理由付けも無しに、当初の方針から変更が行われた訳ではありません。 だから浅薄に「利権?」と短絡的に考えるのは、とても単純な思考(?)だと言える訳です。 地熱発電ですが、実態はかなり不安定です。蒸気吐出圧力が安定しません。開発可能な巨大熱源は、そう何カ所も在る訳ではありません。30年位のスパンで見ても、出力が下がって来てしまいます。 草津では温泉との関連を心配・反対されて建設出来てません。 潮流発電は、大洋のど真ん中に、どの様にして構造物を停留させるのか、新たな技術開発が必要です。沖合海底に構築? 貨物船が原木を流出させただけで、水中翼船が怪我人を出しています。海難事故の危険は? と、簡単に考えただけでも幾つも問題点が浮かび上がる程です。直ぐに軌道に乗せる事は不可能でしょう。 開発の為に高額の先行投資を行うのなら、今の年金を大幅にカットする事です。 彼らが現役の頃に設計した手法では、運用益は上がらなかった。のに、「決めた事だから」と受領してる。 今の払い込みを年金に充て、今払い込んでる世代は、子供に、とツケを将来に回してる。。。 ここにも手を着けてこそ、公平だと感じます。 <追加> 人工知能、つまり「AI」なんつ〜キーワードが廃れて久しいですねぇ。。。 友人によれば、組込用のWindowsCEのライセンス発給が後1〜2年で停止される様です。 積み重ねて来た開発資産・資源をどうしてくれる。。。 と言う様に、Windows登場以前に日本オリジナルOS:TRONを外圧に負けずに推進して来てれば、、、と思わずには居られません。 国家百年の大計を想う Red LinuxやレRed Officeを推進してると言われる某大陸は、余っ程「戦略的」だと感じます。 日本語を世界標準にするのは無理だったでしょうけど、コンピューターのOSなら・・・、と考えたから、それも通信を前提にしていたから、某M$及び米は総力を挙げて潰しに来たんでしょう。 開発には、その当時の英知が集められています。問題はその後。 判った問題には何らかの対策が打てます。異常とされる状況、起きてはならない事象なのだから、と思考停止を起こした日本人固有の「言霊」思想について、もっと周知され、検証されるべきかと感じます。 ご存知ですか? 言霊を。 言った、口にした事は、実現する。 だから、不幸な事、不吉な事に通じる言葉、音は排除する。のが祝詞です。 祝詞をあげる、和歌を詠む。これで日本は平和に成って来たのです。 しかし近・現代ではそうは行きません。半島からミサイルが飛んで来るかも。その時はどう防衛するのか? と言う「仮定」を封じられた環境は、原子力村と言われる特異な"囲い込み"の形成の一助に成ってしまったと感じます。 「万が一」等、起こり得ないのだから議論する余地は無い。 でも技術者は自らの良心に則って行動するので、危機対応策が出来ていた訳です、不完全ながらも。 だから、

0

昔は電源開発のためにダム造りに集中しました。ひととおり造り終えたので今は原発です。どちらもそこには当然利権と旨味(政治家にとって)が絡んでいます。 次は? どんな発電が良いかではなく、どんな発電により多くの利権と旨味があるのかによって、原発の次を担う発電が決定されるんでしょうね。 国民感情からすれば、原発の復活ははるか、はるか遠い道のりですよ!

0

えっと、原子力発電1機は巨大ダムを使う水力発電の5~10倍の高効率で発電ができることをご存知ですか? つまり、福島原発はダム30箇所以上の発電力があるんですよ。 津波さえなければこんな安い発電システムはないでしょう