ここから本文です

乳がんの術後の治療で 悩んでいます。

hun********さん

2011/6/1110:42:30

乳がんの術後の治療で 悩んでいます。

4月26日に 左乳房全摘+再建の手術を受けました。28日からはホルモン治療も開始され、現在はゾラデックス(注射)とノルバデックスを服用しています。

病期は ⅡA しこりは2.1cm 乳頭直下にあったので全摘となりました。
グレードは 3
ホルモン受容体 陽性
HER2 陰性
リンパ節への転移は ありませんでした。 0 /4個
KI67 病理の結果は 2回。1回目は20パーセント 2回目は50パーセントでした。

グレードやKI値から考えると、ルミナールBと思われるとのことでした。

術後の治療については、ホルモン治療のみでいくか、抗がん治療も加えるかで悩みました・・。
抗がん治療の副作用に対する怖さもあり、できるだけホルモン治療でいきたいと思っているのですが、再発したとき後悔するのかも・・と思い、どちらにしても不安で迷っています。
病気になって こんなにもマイナス思考の臆病者だったかと痛感する日々です。
選ぶのは自分自身・・・とはわかっていますが、できるだけ前向きになれるアドバイスをよろしくお願いします。


①ルミナールBでは、ホルモン治療のみの場合と、抗がん剤を上乗せした場合と、再発率にどのくらいの違いがでるのですか。
大きな差でないときは、ホルモン治療でいいですか。

②患者の意思にまかされる分、患者は悩むと思いますが、ルミナールBと思われる患者さんは抗がん治療を行う方が多いのですか。

③抗がん治療を始めるなら 早いうちに・・といわれていますが、具体的な時期はあるのですか。

④抗がん治療と 再建とは、同時に行うことが出来るものですか。



宮城県に住んでおり、tatemizo21様の回答に毎日励まされています。
どうか体に気をつけて ご活躍下さい。

閲覧数:
3,353
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

立溝正史さん

2011/6/1113:25:12

リクエスト有り難うございます。
私の回答を見ているのであれば、判るお思いますが、貴方の場合詳しい検査はオンコタイプDXをすると言う方法があります。高価ですがKiのようにまだ評価が定まってない検査より信頼性は高いと思います。47万円ですね。この検査では抗がん剤の上乗せ効果を数値で表します。差が小さい場合はホルモン剤のみでいきます。

オンコタイプDXを受けないとすれば、私が貴方の主治医であれば、抗がん剤を選択すると思います。ホルモン感受性の数値が判りませんが、抗がん剤の上乗せ効果は10%はあると思います。

約3ヶ月のAC4回もしくはFECという種類を使います。副作用はいろいろな薬が開発されたので、以前よりは遥かに楽になりました。案ずるより産むがやすしですよ。

抗がん剤はできたら2か月以内には始めた方が良いと思います。

再建手術は抗がん剤が終わって半年はあけた方が良いと思います。

宮城は良いとこですね。私の大好きなところです。青葉通りや、広瀬川なつかしいです。早く復興することを願っています。

質問した人からのコメント

2011/6/12 09:06:40

爆笑 治療に対して恐れや迷いが強かったのですが、少しずつ前向きに取り組もうと思えるようになりました。セカンドオピニオンでも抗がん剤を併用することをすすめられています。しっかり考えて納得できる決断をしたいです。
アドバイス、ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる