ここから本文です

-ソイル アマゾニア+マスターソイル 配置・容量について-

shi********さん

2011/6/1511:45:06

-ソイル アマゾニア+マスターソイル 配置・容量について-

閲覧有難う御座います。
題記の通りの質問です。

今回新たに水槽を立ち上げ予定でそちらの水槽ではソイルを使用する予定です。
アマゾニアを使う予定でいるのですがネット等で調べていると初期の黄ばみ等の対策に吸着系ソイルとの併用が良いという情報があったのでマスターソイルと併用しようと考えています。
そこで質問なのですが、

1.ソイルの配置
現在の構想では。下にマスターソイル(ノーマル)を敷きその上にアマゾニア(パウダー)を敷く予定なのです。
この配置ではなく逆にしたほうがよいのかどうか分かりませんので実際に試されている方、そうでない方もアドバイスお願いします。

2.ソイルの必要量
二層にする場合、一層目&二層目のソイルはそれぞれどの程度の容量を用意すればよいのでしょうか?
初期設置に必要な大体の容量をアドバイスお願いします。


宜しくお願いします。

閲覧数:
2,769
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fd3********さん

2011/6/1516:25:46

その水槽で何をしたいかでも変わってくると思いますよ。

下層マスターソイルノーマル+上層アマゾニアパウダーの組合せは、ビーシュリンプ飼育では非常によく見られるセットです。
アマゾニアを添加材的な使い方でセットして水槽中にアマゾニア特有の栄養分を放出させつつ、マスターソイルの吸着力で換水頻度を抑えるのが目的。

一方、水草水槽でしたら、アマゾニアオンリーでフィルターに活性炭を突っ込んでしまうのが良いかと。
マスターソイルに吸着させるのであれば、水草が実際に根を伸ばす下層にアマゾニアノーマルを配して、上層にマスターパウダーを敷いて水槽中の色素分を吸着させる。

いずれにしても、上層のパウダーは薄く敷けば良いです。1~2cm程度といったところでしょうか。

厚さについてはフィルターでも変わってくるかと。
例えばエビ飼育で底面フィルターを使用する場合、マスターソイルノーマルを下層に5~6cm程度、アマゾニアパウダーを上層に1~2cm程度。
底面フィルターを使わないならマスターノーマルはもっと薄めで。
水草水槽なら、下層にアマゾニアノーマルを3~4cm程度、上層にマスターパウダーを1~2cm程度・・・といった感じ。
育成する水草やレイアウトによって厚さは変わってくるかと思いますが、上層のパウダーを薄めというのが基本路線でしょう。

参考になれば。

質問した人からのコメント

2011/6/22 08:58:42

驚く 回答有難う御座いました。

成る程、一概にこれとは言えず水槽によって変えていかなければいけないのですね^^
fd3s_veilsideさんの回答を参考に考えてみることにします♪

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tum********さん

2011/6/1512:03:33

一時的に活性炭(吸着ろ材)を使った方がいいと思いますよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる