ここから本文です

癌を防ぐ、魚、野菜・果物中心の食生活とは?肉は週1日か、2日であとは魚とか野...

rot********さん

2011/6/1911:29:45

癌を防ぐ、魚、野菜・果物中心の食生活とは?肉は週1日か、2日であとは魚とか野菜でそうなりますか? また魚、野菜・果物のみの生活(肉は食べない)でも、栄養は偏りませんか?

閲覧数:
2,381
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fes********さん

2011/6/1915:05:47

中国で放送された番組です。

チンパンジーにいろいろな食べ物を食べさせました。

ラーメンでもうどんでも、野菜でも果物でも貝もたべるチンパンジーが肉だけは食べなかったそうです。

タバコをすうゴリラはいますが、牛の死体の肉を食べるゴリラはいません。

いつまでもタバコのせいにしていたら、日本人は癌だらけになりますよ。

命をかけてまでユッケをたべるバカな霊長類が一種類だけいますよね。

●アトピーや癌潰瘍性大腸炎など生活習慣病の原因が牛乳・乳製品であることを述べている200万部のベストセラー
『病気にならない生き方』新谷弘美【著】サンマーク出版
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/bookstand-enzyme.html
新谷先生は癌を予防するには以下のルールをまもらなければならないとしています。
1.植物食と動物食の比率は、85(~90)対15(10~)とすること。
2.全体としては、穀物(雑穀、豆類を含む)を50%、野菜や果物を35~40%、動物食は10
~15%とすること。
3.全体の50%を占める穀物は、精製していないものを選ぶこと。
4.動物食は、できるだけ人間より体温の低い動物である魚でとるようにすること。
5.食物はどれも精製していないフレッシュなものを、なるべく自然のままとるようにすること。
6.牛乳・乳製品はできるだけとらないこと(乳糖不耐症やアレルギー体質の人、牛乳・乳製品
が嫌いな人は、いっさいとらないようにする)
7.マーガリンや揚げ物は避けること。
8.よく噛んで、小食を心がけること。

質問した人からのコメント

2011/6/26 12:57:53

感謝 皆さん、参考になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tud********さん

2011/6/2304:35:11

私は、家族ができるとわかった時から、苦手であった、肉や乳製品類、卵などを食べるようになって10年目くらいでがんになりました。
がんになったときは、風邪は毎月、傷負けをしやすい体質になっていました。

がんと分かってから、玄米雑穀菜食です。
10年くらいしたら、傷負けしない体になりました、風邪は食を見直した次の年から経験していません。
※インフルエンザの予防接種は、一度もしたことがありません。

バランスのいい食事とかいうものは、実は、病気になりやすい食事だと思います。
病気になりにくい体作りは、有害化学物質を取り込まないことだと思います。

脱、
肉類、養殖魚、乳製品類、卵、揚げ物いためもの、化学調味料類、白砂糖、食塩、雑多な油脂、合成洗剤類、農薬類。

chm********さん

2011/6/1911:55:07

偏らないで海のモノ、山のモノ、畑のモノ
好き嫌いしないで何でも食べれば良し。
医食同源、肥満は禁物。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる