ここから本文です

ガイガーカウンター SOEKS-01M ってβ線測定器ですよね? ガイガー管がむき出しに...

pqq********さん

2011/6/2618:37:40

ガイガーカウンター SOEKS-01M
ってβ線測定器ですよね?
ガイガー管がむき出しになってます。
つまりこれでγ線知りたい時は
このガイガー管部分をアルミ板で遮蔽すべきですよね?

なぜかというと他のβとγ測れるガイガーと比べ

数値が出過ぎなんです。

ガイガー,SOEKS-01M,ガイガー管,β線測定器,ガイガーカウンター,放射線測定器,校正定数

閲覧数:
2,852
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pro********さん

編集あり2011/6/2621:47:25

電力関連会社で放射線測定機器の点検・校正(誤差を調整すること)の管理業務を8年経験した者です。

基本的にはβ線は数mのアルミやプラスチックで遮へいされるのでγ線のみ検出可能と思いますが、その他にも問題があると思われます。ちなみにお持ちの放射線測定器は「空間放射線測定用」ですか?それとも「表面汚染測定用」ですか?どちらでしょうか?

あくまでも私見ですが、測定器の性能に問題があるのではないでしょか?専門的な話になりますが、電力会社で使用している放射線測定機器でGM菅式を採用しているのは「表面汚染密度(1cm当たりの放射能(ベクレル)量)」を測定する際に使われます。空間放射線を測る放射線測定機器は「電離箱式放射線測定機器」を使用します。

ちなみにGM菅は実際の放射線を当てて測定感度を測定し、高圧電圧を設定します。GM菅の感度を測定することを「プラトー測定」と言います。この感度がきちんと合わせないと測定誤差が発生します。

また測定機器自身の特性等によっても測定値にバラつきが出てきます。それは「検出感度(放射線を感知する精度)」の違いによります。一般的にGM菅式測定機器は「検出効率(検出できるパーセント)」があり、100%の放射線を測定できる機器ではありません。ですから、正確な放射線測定値を知りたいのであれば「実際の測定値×検出効率又は校正定数=正確な放射線測定値」となります。ですから測定した際にはきちんと「検出効率」又は「校正定数」で放射線測定値の補正をして下さい。「検出効率」又は「校正定数」は取扱説明書等に書いてあると思います。もし記載がなければその測定値は「信用性が低い」という判断が出来ます。

参考までに専門的に放射線の点検・校正をしている「財団法人 放射線計測協会」HPのURLと「放射線測定器の種類と一覧」いうHPのURLを記載致しますので一読してみて下さい。

「財団法人 放射線計測協会」URL:http://www.irm.or.jp/index.html
「放射線測定器の種類と一覧」URL:http://www.mikage.to/radiation/detector.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

dig********さん

2011/7/208:17:10

SOEKSのこのシリーズは、普通に持って1メートルくらいでγ線を測るように校正されています。また、β線を物体に近づけて汚染を見るために、このようにガイガーミュラー計数管がスリットで露出させてあります。よって、普通の場所なら、アルミで遮蔽しても構いませんし、あまり気にする必要もありません。β線源が未だに舞っている場所では高めに出ますから、その時はアルミで遮蔽したほうがよいです。ロシア語、英語の説明書が付いていたと思いますが、γ線に校正されています。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる