ここから本文です

日中戦争がスターリンの手の中で踊らされたものであったことは確かである

slalkesfj さん

2011/6/2821:18:35

日中戦争がスターリンの手の中で踊らされたものであったことは確かである

書籍:別冊 正論 Extra.15


P115 上海事変こそ日中戦争の始まり

2005年に翻訳書が刊行されたユン・チアン、ジョン・ハリディの共著『マオ』は、蒋介石の部下でかくれ共産党員だった張治中・上海防衛隊司令官を名指ししている。
それによれば、張治中は蒋介石の許可なしに上海の飛行場の外で事件を仕組んだ。
張治中が配置しておいた中国軍部隊が日本海軍陸戦隊の中尉と一等兵を射殺した(前出、大山事件)。
日本側は事件を穏便に処理したいという意向を示していたが、張治中は攻撃許可を求めて蒋介石を責め立てた。


『待てども命令が来ないのを見た張治中は、翌日、蒋介石を出し抜いて、日本の戦艦が上海を砲撃し日本軍が中国人に対する攻撃を始めたと、虚偽の記者発表を行った。反日感情が高まり、蒋介石は追いつめられた。翌8月16日、蒋介石はようやく『翌朝払暁を期して総攻撃をおこなう』と命令を出した』


ユン・チアンによれば、またたく間に華北を占領した日本軍を見ていたスターリンは日本に脅威を感じた。
そこで上海で全面戦争を勃発させて、日本を南下させておく手を打った。
かねてより極秘に中国共産党入りを志願していた張治中をそのままスパイとして蒋介石の傍に置き、工作運動をさせていたというのだ。
この説は蒋介石が戦争を主導したことを示す多数の文献と大きく異なるので、今後の研究の進展を待ちたい。
ただ、本号の北村論文で明らかなように、蒋介石も中国共産党の宣伝によって『抗日』せざるを得なかったのであり、日中戦争がスターリンの手の中で踊らされたものであったことは確かである。



Q どのように思いますか?

閲覧数:
325
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yta********さん

2011/6/2821:44:49

はい、おっしゃるとおりです。
ただ、アメリカの陰謀もあったのではないか?と思うのですが
どのていどアメリカが関与していたのか、謎です。

質問した人からのコメント

2011/7/3 20:22:39

成功 ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/6/2822:46:19

回答は歴史で御座いましょう。
それ以上でも以下でも御座いません。
回想は御自由で御座います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる