ここから本文です

単原子分子とはどういうものですか?説明には「1つの原子だけで分子のようにふるま...

smileage_w_m_o_fさん

2011/7/223:51:56

単原子分子とはどういうものですか?説明には「1つの原子だけで分子のようにふるまうもの」と書かれていますが、なぜ、そのようにふるまうのでしょうか?
原子の数が多すぎて、分子式では表せ

ないからですか?

補足つまり、分子=安定=希ガス
よって、分子=希ガスみたいな感じですか?

閲覧数:
15,748
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/7/301:09:15

単原子分子の代表格は希ガス元素(18族元素)です。

希ガス元素は最外殻電子数が8個(Heは2個)であり、エネルギー的に非常に安定しています。そのため、原子1つのみでも他の元素と化合することはほとんどなく、安定しています。
原子1つで分子として存在する希ガスのような分子を単原子分子と言います。


補足に対して↓↓↓

少し違います。
酸素分子は安定していますが、酸素分子は2つの酸素原子から成る二原子分子です。大半の原子は原子1つでは不安定なため、いくつかの原子が結合することによって安定します。
希ガスは原子1つでも安定しているため、単原子分子として存在します。

質問した人からのコメント

2011/7/3 09:32:33

感謝 ありがとうございます

「単原子分子」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kikero33さん

2011/7/305:29:56

ほとんどすべての元素はひとつだけでは不安定で、他の元素と結合して安定になります。
しかし0族=希ガスだけは、もともと安定で、結合したり、反応する必要がありません。
(電子殻が閉殻になっているからです)
よって希ガスは1つの原子だけで存在します。このようなものを単原子分子とよんでいます。
希ガス以外でも、高温度でのアルカリ金属や水銀などもそのようにみなすことができます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。