ここから本文です

てんさい糖、なたね油は無添加ではないのですか? アトピーがひどく無添加のも...

mos********さん

2011/7/808:43:28

てんさい糖、なたね油は無添加ではないのですか?

アトピーがひどく無添加のものをと、今までホクレンのてんさい糖、パルシステムのなたね油を使用していました。

先日ある講演会で、『さい糖は着色してるし、なたね油は石油からできてる!』と言っていました。


確かに最近はマクロビオティックも流行ですし類似品もあるとは思うのですが、本当なのでしょうか?


ちなみにその方は、ココヤシから作った砂糖や油がいいと言っていました

閲覧数:
4,082
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kat********さん

2011/7/809:13:46

食品関係です。

「無添加」という表示には、十分注意してください。

少なくとも、上場大手食品企業であれば、「無添加」表示は
いたしません。

というのは、食品原料は「さかのぼり」きれないんです。

例えば、てんさい糖にしろなたね油も・・・
土壌に何をまいたか?肥料になにをやったか?・・・

製造途中で使用する、副原料にはどこの国の何を使ったか・・・

その国の製造方法にはなにをどこの国から使用してつくったか?

こうなりますと・・・さかのぼりきれないんです。

最近はやりの・・・「糖質0.00%」・・・無糖質ではないんです。
私たちの原材料表示にも・・・脂質0.00.フマール酸0.00という
表示は使用します・・・「無」ではありません。

ですから、「無添加」と表示するメーカーはちょっと疑ってください。

結論としては・・・できるだけ信用のおける大手メーカーのものを
使用されるといいと思いますよ。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nre********さん

編集あり2011/7/815:47:07

アトピーになる原因食材は人によって異なりますので一つ一つ当って潰していくしかないのですが
言えるのは「化学物質」or「自然と調和しない物」は如何なる食材でも基本NGです。
また「甘い物」は痒みを助長させるようです。
基本的に食べ物は「自分が住む土地の近くで育った物(陰性の食べ物ほど近くなる=水や果物など=陽性の食べ物ほど遠くていい=根菜類、穀物、塩、、、しかし赤道は越えない程度)、化学物質や不自然な育成を用いて作られていない物」が基本です。
甜菜糖も菜種油も人によって製品によって合う・合わないが有るので、一概には「ダメ」とは言えませんね。
アトピーに関する書物ならマクロビオティック(久司道夫さんとか桜沢如一さん)も良いですが、農家の赤峰勝人さんやその道の研究家・東城百合子さん、医師の森下敬一さんらの著書が参考になりますよ。

プロフィール画像

カテゴリマスター

min********さん

2011/7/810:11:28

↓無添加と無農薬・有機栽培は全く意味合いが異なります

ご質問のうち『さい糖は着色してるし、なたね油は石油からできてる!』は全くの嘘、悪意の有る出まかせです

ココヤシから作った砂糖や油、については未確認ですが、通常パーム油として食用とされるのは、同じヤシ科のアブラヤシから採られる物で、日本でもスナック菓子や惣菜の揚げ油として使われています

またエスニック料理などには欠かせない調味料です

ただパーム油には独特な芳香が有りますから、御家庭で日常的に使われるなら、有る程度の慣れが必要かと思います


アトピー体質の方であれば食品には大変気を遣われる事でしょうね

ただアトピーの場合は添加物のみならず食品原料そのものがアレルゲンで有る場合も多いので、その人の体質に合わせた治療と言う意味では専門医の判断を仰ぐのが1番だと思います

『講演会』などではやもすると医学的科学的な裏付けの無い個人的な見解、利害関係による一方的な見解が見受けられたりもするので、あくまで参考に留める程度にして下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる