ここから本文です

ウレタンゴム一級技能検定で検定試験の採点方式はどのようにして行いますか?

jdm********さん

2011/7/907:40:23

ウレタンゴム一級技能検定で検定試験の採点方式はどのようにして行いますか?

閲覧数:
11,911
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gil********さん

2011/7/1606:06:06

jdmtjdmtjdmtさん、おはようございます。


合格基準は、100点を満点として、原則として、実技試験は60点以上、学科試験は65点以上です。

学科試験
等級区分 試験の形式 問題数 試験時間
1 級 真偽法及び四肢択一法 50題 1時間40分

真偽問題25題―所謂○×問題です。
四肢択一問題25題―四つの問題文から一つを選ぶ。

65点以上が合格ですので、33問正解で学科は合格です。


防水施工(ウレタンゴム系塗膜防水工事作業)
1級 次に掲げる作業試験を行う。
________________________________________
試験台の床面、立上がり、箱部等の全面に補強材を挿入し、ウレタンゴム系塗膜防水作業を行う。
試験時間 2時間10分


実技試験採点基準は、検定秘となっていて公表はされておりませんが、
採点方式は、持ち点100点から不具合点を減点して行います。

採点項目としては(機械加工の場合ですが)、
作品の、できばえ、寸法精度、作業態度、作業時間 などです。

技能検定の詳細については
http://www.javada.or.jp/jigyou/gino/giken.html
http://www.mhlw.go.jp/general/seido/syokunou/ginou/aramashi/index.h...
で、ご確認下さい。

最後に、埼玉県の技能検定実施結果をご紹介します(埼玉県職業能力開発協会発表)
どこの都道府県でも概ね同じような合格率ではないかと思われます。
難易度の参考にして下さい。

防水施工職種―ウレタンゴム系塗膜防水工事作業1級

平成22年度前期―受検者数46名―合格者数24名―合格率52.2%
平成21年度前期―受検者数50名―合格者数33名―合格率66.0%
平成20年度前期―受検者数57名―合格者数31名―合格率54.4%
平成19年度前期―受検者数35名―合格者数22名―合格率62.9%


以上、ご参考まで。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる