ここから本文です

与党・民主党が審議拒否?なぜ?

k_g********さん

2011/7/1310:17:04

与党・民主党が審議拒否?なぜ?

参議院議員佐藤正久氏のツイッターからです。

http://twitpic.com/5p4x70


『参議院復興委員会・被災者支援の国会審議が民主党の反対で3日間行われず・・・』ということですが、民主党は何に反対しているのでしょうか?

70日も会期を延長しておきながら、『1本釣り』の浜田氏や『オフレコ発言』の松本氏のごたごたで何日も国会を空転させ、その上、審議拒否をする理由がわかりません!

閲覧数:
261
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sus********さん

2011/7/1310:25:19

我が国の政治を考えるにつけ、大連立、2大政党制、政権交代、維新などということが言われてきましたが、それらがいったい何を意味し、何を狙ったものなのかが今重要なところとなっています。それは、支配勢力にとって、その支配を維持するための基本的な戦略です。同じ勢力であるにもかかわらず、何か違った顔をするだけで、政党名が異なっても、所詮派閥の違いでしかありません。ですから、2大政党、あるいは少数政党も、都合が悪くなれば「大政翼賛会」、「保守合同」、「大連立」などというように、いつでも一緒になることができます。つまり、離合集散は、国民を煙に巻き支配を維持するための方策です。
震災前から、景気の低迷や貧困が問題となっていましたが、震災後、さらに深刻になっています。ところが、そんな時にあっても、庶民には各種負担を増やそうとしています。そして、この前の内閣不信任案をめぐっても、国民には何か対立しているかのように思わせて、裏では談合を繰り返していました。この国会においても、「特例公債法案」では、大資本や巨大資産家には2兆円もの減税をしようとしています。国会におけるほとんどの議員は、不景気にあえぐ庶民よりも、この震災の被害者対策よりも、企業献金・わいろをくれるほんの一部の支配勢力のために行動するのが、彼らの本性です。震災対策と称して、庶民には消費税10%、医療費窓口負担の増額、年金取得年齢の引き上げなどなど各種負担増を強いる一方で、大資本大資産家には減税と儲けをというのが基本的なスタンスです。
震災対策や景気対策をどうするかは、多くの国民の最大の関心事と言ってもいいでしょう。ところが、国会では、今、その内容をいかに国民の要望を反映させたものにするかといった議論を抜きに、一部の勢力の思惑が満ち溢れた政府の作成した法案をろくに議論もしないで成立させようとしています。
つまり、十分に国会で審議されるとその中身が国民に明らかになってしまいます。ですから、国民の関心を総理の進退など政争に向けて、法案の中身が多くの国民のみなさんに知られないようにするというのが彼らの昔からの手法です。法案の中身が知られないうちに、国会を通してしまう。そのために、与野党がまるで抗争しているように仕組みます。それによって国会が空転すれば、議論しなくても済みます。表向きの政争の裏では、国民に分からないように談合の政治がすすめられています。政争も対立も国民の目を欺くためのポーズにすぎません。原発問題では、主犯自民党、共犯民主党といったところでしょうか。
テレビや新聞の報道に惑わされず、自らの心眼で物事を見ていくことが、この後さらに重要になってくると思われます。どういった基準で私たちの代表を選ぶのかということが、今ほど問われている時はないとも思います。
本当に、これからの日本をどうするかが問われています。
http://kodaishi-21.web.infoseek.co.jp/nikki-1.html

質問した人からのコメント

2011/7/19 13:47:37

『テレビや新聞の報道に惑わされず、自らの心眼で物事を見ていくことが、この後さらに重要になってくる』 本当にそのとおりだと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる