ここから本文です

いきなりですが。。。 感動する犬の話ってありますか?・ 体験や見たことの...

idh********さん

2011/7/1420:45:31

いきなりですが。。。

感動する犬の話ってありますか?・

体験や見たことのあること、聞いてことのあること・・

なんでも教えてください!!!

おねがいします!

閲覧数:
231
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cya********さん

2011/7/1423:47:22

昔の飼い犬ですが…

マルチーズのリッキー♂
この子は前の飼い主さんが結婚するので一緒に連れて行けず、縁あって5歳くらいで我が家に来た子でした。

老犬になる頃には、私達兄弟も就職や大学…と実家を離れて暮らしておりました。

ある時、倒れて…ほぼ寝たきりになってしまい…苦しそうにしてる日も多くなっていき…
偶然にも、入れ替わりですが…帰省した家族の顔を一通り見て天国へ旅立ちました。

皆の顔を見るのを待っていたのでしょうか?

書きながらも思い出して涙ぐんでしまいます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

CATさん

2011/7/2102:49:06

「犬は人間に忠実」だからこそたくさん話があるのだと思います。下記、全て見たり聞いたりした事で、体験はありません。

・「南極物語」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%A5%B5%E7%89%A9%E8%AA%9E

・盲導犬サーブ(シェパード、メス)
57年1月、目の不自由な主人を暴走車から守って左前足を失い、3本足となってしまいました。けなげな忠犬ぶりは全国に感動を呼び、老衰死(63年)した後、ブロンズ像が設置されました。

同じ盲導犬の話で本になったものでは、「盲導犬クイールの一生」「ベルナのしっぽ」でドラマや映画にもなりました。

・雑種犬ナナ(5歳、メス)
平成16年6月山梨県、男性が飼い犬と一緒に千頭星山を下山中、クマに襲われ手足をかまれた。ナナは主人を助けようと激しくほえながらクマをおびき出すように走り、後を追ったクマと山に消えた。それから6日後、ふもとの畑付近でうずくまっているのを見された。けがはなかったが、体重が1キロ減っていてやせて疲れていた。

・柴田理恵さんの犬、晴太郎
http://dog2photo.exblog.jp/tags/%E6%9F%B4%E7%94%B0%E7%90%86%E6%81%B...

・セラピードッグチロリ
「犬と歩けばチロリとタムラ」(2004)映画にもなりました。
http://www.therapydog-a.org/dogs_list1.html

chi********さん

2011/7/1421:42:36

「星守る犬」の本を買い涙しながら読みました
今映画してるそうですが本だけでも散々泣けます
飼い主思いのワンちゃん
ワンちゃん思いの飼い主
とても泣けました(涙)

chi********さん

2011/7/1421:19:55

ボストンテリア。キューピーは私達アメリカ時代向こうで買った犬です。
帰国してこちらに呼びました。一人でシカゴから貨物機できました。機長と遊んでいたようです。
らんらんと大きな眼を光らせ4本足でたったまま運ばれてきて成田で検閲とおり老犬なのですぐ我がyへ連れて帰りました。そのご5年弱生きていて夢の様な数年がすぎました。1日中散歩をさせてたのしみました。15歳に2週間前急に倒れて病院へ。そのまま入院して4日後くらい病院でなくなりました。2時半頃真夜中に電話があって駄目でした、、とあったときは絶叫しました。
そのご夢で大きく布団の上でキューピーが長い舌を垂らして私の前上にじっと私をみていました。
そして病院のケージの鍵を外すチャリン!という音がはっきりとベッドの下で聞こえました!!
夢のなかで日光のさんさんあたる何時もの散歩道でくるくるその場で廻ったりして毛並みがつやつやひかってました。
このチャリンというケージの音とベッドの私の顔の前のキューピーの大きならんらんと光る眼、元気な顔いまでもわすれません。私の命のような可愛い犬で犬とは思えない通じあっていたんです。

カクさんさん

2011/7/1421:13:13

ご近所の話ですが、一人暮らしの50代後半のオジサンがフラットレトリーバー♂2才を飼っています。
普段は、塀を飛び越えるくらいやんちゃな、いえ、元気なゆかいなコで、うちのゴルが圧倒されているほどです。
散歩もオジサンを振り返りもせず、猛ダッシュ。あちこち好きな所へダーッと走って行くコで、「さすがフラテイ・・大変だあ!」と思っていました。

ところが、このコ、とても親思いだったんです。
なんと、オジサンが突然脳溢血で倒れたとき、塀を軽々飛び越え、隣の家へ窓から走り込みワンワンワンと大騒ぎ。
隣の人も何事かと隣のオジサンちへ怒りに行ったところ、倒れたオジサンを見つけたんです。

オジサンも麻痺は残ったものの、今では散歩も復活。
やんちゃなフラテイ君はというと・・・リードの長さまではタッタと走りますが、引っ張らずオジサンを振り返って待つという、お手本のようなワンになっていました(感涙)

躾はいっさいしていないそうです。
フラテイ君が自分で察知して、思いやっているんですねえ。。。

ほんとに家族なんだと、改めて感じました。オジサンも倒れたあと、フラテイをどう面倒みていくか悩んだそうです。
元気でよく散歩してくれる新飼い主を探そうとも・・。
だけど、できなかったそうです。よちよち歩きになってしまったけど、右手は動かないけれど、このコと生きていきたいと決めました。
私も微力ですが、できることをお手伝いしています。
動物病院へうちのコと一緒に行ったり、ブラッシングなど・・。ほんとに微力です(苦笑)

さん

2011/7/1420:48:23

「犬と私の10の約束」

これは泣けました。小説でもDVDも泣けましたのでオススメ作品です。

「ハチ公物語」も感動します。

「マリと子犬の物語」

などなど。全部泣けます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる