主人の会社から、扶養手当の全額返金を言われました。 平成18年と平成20年に子どもを生み、 第1子の育休・産休、第2子の育休・産休(計5年)を経て、 平成23年の4月に職場復帰しました。(公務員です。) 私が

主人の会社から、扶養手当の全額返金を言われました。 平成18年と平成20年に子どもを生み、 第1子の育休・産休、第2子の育休・産休(計5年)を経て、 平成23年の4月に職場復帰しました。(公務員です。) 私が 仕事に復帰したため、扶養を外そうとしたところ、 第2子の育児休暇中に育児休暇手当てが支払われており、 それが130万を超えているので、 扶養手当を返金してくださいといわれました。(主人は一般企業。) しかし、130万を超えた20年度だけではなく、 20年度以降すべて返金と言われました。 収入が無かった21年度と22年度まで返さなければならないのでしょうか? 会社側からは、「そういう規約だから」と言われているようです。 毎年、年末調整も行い、私の収入証明も私の職場から出してもらっていました。 育児休暇手当てをもらっていた20年も出しており、 扶養手当てを支払っていたのは、 会社側の見落としでもあると思うのですが、 「そちらがきちんと申請しなかったのが悪い。 会社の規約に従って全額返金してもらう。」の一点張りです。 こちらもうっかりしていていけなかったとは思うのですが。 3年分となると返金が100万を超えるようで・・・。 もらえるはすの分まで返金となると悲しくて。頭が痛いです。 どうしたらいいのでしょうか。教えてください。

保険11,950閲覧

ベストアンサー

0

「そういう規約なのだから」と言われるならば、どういう規約なのか確認するのが先ではありませんか? 規約を盾に返金を求めているなら、そこに根拠がしっかり書かれているはずです。 3年で100万円以上なら少なくない金額ですし、それだけの金額を手当として出している企業なら、きちんとそういう給料規約は社内で公表されていると思います。 その規約をしっかり読んでから対処する方が良いと思います。会社も何の根拠もなく、20年以降に支出された扶養手当の返還を求めたりしませんよ。扶養手当は会社独自の制度ですから、その根拠に従うしかありません。支出根拠がなければあなた側が不当利得となりますし、会社側が返還を求めるのは当然だと思います。 あとは会社側の担当者も気付かなかったことを理由にして、返還を無利息で分割にしてもらえるように交渉することになります。ただ担当者のミスとするのは本来は若干無理があると思います。手当をもらう手続きをするのは職員である旦那様本人の責任であるのと同様に、制度をきちんと理解して手当を外す手続をするのも旦那様であるからです。本人申告制はそういうものだと思いますよ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。扶養手当は会社独自の制度なのですね。 規約を確認してみます。全額返金になると思いますが、納得できすっきりしました。

お礼日時:2011/7/19 21:36

その他の回答(3件)

1

育児休暇手当は健保から出るもので、非課税のため、源泉徴収票や所得証明には記載されませんが、お勤め先の収入証明には記載されていたということでしょうか? 21年と22年は収入がないとのことですが、育児休業給付金は受けていなかったのでしょうか? いずれにしろ、不当利得になりますから返金せざるを得ません。 高額なので返金方法を会社とご相談されると良いでしょう。

1人がナイス!しています

1

3年で100万超えるとは扶養手当が一ヶ月あたり約3万くらいついていたということですよね? 結構いい額ですね。 扶養手当と言うのは会社の独自の手当てなので規約に書いてあるならば返金するべきです。 ただし、21年と22年に収入がないのならばダメもとで交渉してみてはいかがでしょうか。 20年度分は確かに130万を超えていたので返金させていただきます。 21年、22年は収入がなかったので扶養手当に該当すると思うのですが・・・それでも返金しなければ いけませんでしょうか?という具合に旦那さんに聞いてもらってはいかがでしょう。 それでもダメなら諦めるしかありません。

1人がナイス!しています

0

確かに会社の担当者のミスもあったはずです。私自身同じ事があり扶養から外れる手続きをしたのに、給与にいつまでも手当がついていたので申告したところ(結構よくあるミスなので気をつけてチェックしてました)、遡りで返金を求められました。その時は担当者からの詫び状付きでしたが。 とにかく扶養手当は会社独自のものですから、会社の規約に沿ってと言われたらどうすることも出来ないでしょう。