ここから本文です

静止軌道には人工衛星を破壊するようなデブリはあるのでしょうか?

a_s********さん

2011/7/2717:47:23

静止軌道には人工衛星を破壊するようなデブリはあるのでしょうか?

新しい静止衛星の場所が
デブリとなった軌道離脱していない古い衛星で少なくなっているのは知ってます

ですが、衛星を破壊するようなデブリはあるのでしょうか?


傾斜角0度、 高度35786kmの一本の軌道しか利用価値のない静止軌道周辺では
低軌道みたいに、凶器的な相対速度が出る、別軌道との交差点ってないですよね?
(遠地点で一致するトランスファ軌道や、まだ数の少ない準天頂軌道は置いといて)

だから、静止軌道周辺では、相対速度が全然ないから、衛星の脅威になる「観測できない大きさのデブリ」はほぼ無いのではないか・・・

…と思うのですが、どうなのでしょうか?

(静止軌道での宇宙太陽光発電衛星に、「デブリがあるから無理じゃない?」というコメントがあったのに気になって、質問さして頂きました)

閲覧数:
917
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mea********さん

2011/7/2721:50:49

静止軌道周辺でのスペースデブリの危険性については、専門家でも意見が分かれている所です。

静止軌道は相対速度が小さく、また周回している物体の密度も小さいため危険性は低いという説もあり、運用を終了した衛星をちゃんと墓場軌道に持っていかないとケスラーシンドロームによるデブリの急速な増加で衛星が破壊される危険性が格段に上昇するという説もあります。
低軌道のような見積もりは困難であるため、危険性の評価も難しいという意見も存在します。

また、相対速度が小さい静止軌道でも、運用を終了して位置の制御を行わなくなった場合は軌道が少しずつずれていき、軌道傾斜角を持つようになります。
そのため、静止軌道上に放置された衛星が、運用中の静止衛星(随時姿勢制御を行うため軌道傾斜角0)に南北方向から衝突する危険性があります。
加えて、静止軌道や静止軌道周辺での衛星の爆発事例もあるので、爆発によって周囲にばらまかれたデブリは存在します。

質問した人からのコメント

2011/8/2 20:05:51

なるほど
まだよく判っていないのですね
ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tri********さん

編集あり2011/7/2812:57:49

デブリが多いのは米ソ宇宙開発競争時代に大量打ち上げられた衛星やロケットの部品です高度300km前後ですので高度3万6千キロ上空の静止軌道は比較的デブリは少ないです、しかし、敵の軍事衛星に体当たりするキラー衛星が破壊した衛星の無数の破片がデブリとなり、これが驚異となっています、速度が遅くても秒速1kmの銃弾より速い秒速3kmで、秒速8kmで飛行している衛星に体当たりします

2009年2月12日、ソ連の故障してデブリとなったコスモス2251号偵察衛星がアメリカのイリジウム33号通信衛星に衝突して無数のデブリが生まれました、デブリの危険から宇宙飛行士を守るために宇宙ステーションの船外活動は、デブリが少ない軌道に高度を変えてしていますhttp://ja.wikipedia.org/wiki/2009%E5%B9%B4%E4%BA%BA%E5%B7%A5%E8%A1%...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる