ここから本文です

湿潤バカのturuchan_40は、医療の素人のクセに医療機関非難して受診機会を奪ってる...

yaburegasatohsyuさん

2011/7/2717:47:55

湿潤バカのturuchan_40は、医療の素人のクセに医療機関非難して受診機会を奪ってる犯罪人ではないでしょうか。

質問者の方の
>>触るとピリッと痛みます

この症状があるのに対して湿潤バカturuchan_40は

>逆に質問者さんの様に、普段痛みも痒みもない場合は感染症を起こしている訳ではないといえます。
>しかし、感染症に無知なビビリの医師は何でもないのに抗生剤をむやみに処方して無駄な耐性菌を作ったりします

感染症の知識が皆無の素人が勝手な判断をして受診の機会を奪おうとする害悪は許されますでしょうか?
個人的に、湿潤バカのturuchan_40は永久に知恵袋から追放されるべき害悪だと思います。
有害なアドバイスを常習的に行う人間のベストアンサー率など糞の役にも立たない。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=116...

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=116...

補足candis_white_ardleyさん、fragezeichendaneさん、貴重な回答ありがとうございます。そして、ご忠告ありがとうございます。

閲覧数:
1,377
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2011/7/2719:05:35

こんにちは。

湿潤バカという過激な題名で覗かせてもらいました。
紹介されたページを見ましたが、発赤と触っただけの痛みは感染症の可能性を疑いますね。
まだそのページの質問者さんが受診してるのかはわかりませんが、ベストアンサー率を盾に正当性を主張するのも変な話ですね。


しかし、あまりバカとかという表現はしない方が、あなたのためだと思います。せっかく正しい主張をしても人間性を疑われるためです。あなたの怒りは私もわかりますよ。


さて話が戻りますが、湿潤療法自体は現在の医療では合理的な治療です。
ただし感染症がないことが条件になります。
それから熱傷の場合は皮膚も大切ですが広範囲の場合は感染症予防が必要になります。
これは熱傷により、感染から敗血症を起こす危険性があるためです。
紹介していただいた内容は受診が必要な事例と思います。

抗生物質に対する批判をしているようですが、少しでも医療の知識がある方なら専門医(この場合は皮膚科医)の処置が必要と言うのは異論はないところです。
ご自身のベストアンサー率と、複数のサイトの貼り付けと、自分の勝手な判断による感染の否定と、自分の経験論を根拠に質問者さんに誤った対応をアドバイスするのは私も好ましい事とは思いません。

質問した人からのコメント

2011/7/30 20:27:11

candis_white_ardleyさんのおっしゃるように敗血症の危険性の認識なしに独り善がりな判断での間違った投稿を繰り返す病理性が目に余ります。
fragezeichendaneさん、ベストアンサー級の素晴らしい投稿本当にありがとうございます。
自分の選択した情報だけが真実だと錯覚させる投稿と共に、他の人を口汚く罵る人物の存在は本当に不愉快ですね。
正しい認識のお二人とmoriani503さんの、ご多幸、ご活躍を私からも心より祈ってます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

編集あり2011/7/2808:39:33

感染症についてはよくわからないので、回答にはなっていません。すみません。

人に対してバカという言葉を使うのは嫌いです。
でも、伏字で○○な医師と書くことも嫌いです。

感染と消毒の話が出ていたので、それについて書かせていただきます。
湿潤療法は、基本消毒をしないで、主に被覆材で傷の湿潤を保って、治癒させる
療法だと思います。
でも、感染した創部という限定的な状態で、一時的に殺菌性の軟膏を使ったり、
時には消毒したりしたら、湿潤療法ではないと勝手に決めるのは納得いきません。
それはあくまで信奉する医師、夏井医師式の湿潤療法ではないだけであって、
湿潤療法は湿潤療法ではないんですか?
湿潤療法は一般的な名称なのだから。

実際に問題ある創部を見た医師が、その状態に合った治療で、早く平常
の状態に戻すために治療しているのに、感染には抗生剤のみというマニュアル
治療がベストだと誰が決めることができるんでしょう?

そちらも勝手に貼っていたので、こちらも貼りますが、例えばこの質問。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1167406681
この医師は、きちんと診察・治療している、もちろん湿潤療法「も」できる
医師なのではないですか?

湿潤療法を謳っている病院以外にとってはそんな名称はどうでもいいことなんだ
とは思うけど、そうやって本当はいろんな病院、特に熱傷治療に強い病院なら
とっくに取り入れている湿潤療法を特別な物のように仕立て、それだけならまだしも、
それらの病院が古くて悪い治療をしているかのように書くのが許し難いです。
本家がそういう姿勢なんでしょうが。

あと、本当に重症の火傷の場合は、ただ上皮化できるかできないかだけの
判断しかできない、専門でない科(整形外科だの内科だの)の湿潤療法の
病院を勧めるのもどうかと思います。
湿潤療法は火傷の治療の有効な治療法の一つでしょうが、なんでも
保存的治療をすれば結果がベストであるとは言えないでしょう。
重症な火傷であるほど、専門の科で、きちんと診察・判断できる病院を
勧めたいし、変な宣伝にだまされないでほしいと思います。

回答からかなりずれて、失礼しました。

こんな質問があったので、補足させてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1067543620
世界の製薬会社ジョンソン&ジョンソンがキズパワーパッドを開発したくらいだから、
もちろん湿潤療法はとても有効な治療の一つです。
誰もそれに異論を唱える人はいないです。
(いるように書くのが捻じ曲げの一つなのだけど。)

ただ、その会社がサポートする、「正しいキズケア委員会」という湿潤療法
推進の団体のアドバイザーに、信奉する医師の名前はありません。
http://kizucare.com/about.html
知恵袋を見てしまうと、湿潤療法と言えば提示された医師のやり方だと
信じてしまう人が多いと思いますが、こういうことからわかるように、湿潤療法は
誰の専売特許でもなく、HPのやり方が絶対でもなく、一般的な治療法名に
すぎないというだけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。