ここから本文です

油圧計 油温計によるエンジンオイル交換時期は何で判断したらいいですか??? ...

for********さん

2011/7/2821:49:59

油圧計 油温計によるエンジンオイル交換時期は何で判断したらいいですか???

通常は三千キロで交換してますが、計器による判断も覚えたいです。

閲覧数:
9,488
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ohc********さん

2011/7/2822:30:17

エンジンコンディションが一定として・・・
とりあえずは新油でのデータを取って置くのが基本!
油温がいくらで、圧がいくらと「データを基本に」変化を見て判断してる
人は多いね。走りこんでくると、油温がコレなら油圧はもう少し高かったのに
とか、何千回したらココまで上がるはずなのに・・・もう換え時かな?と

オイルは劣化してくると、熱くなったらブヨブヨになって圧力計を上げられなくなる
と思えばいいかな・・・

PS 競争族としては、回しても圧が「新油の様に上がらなくなった」で換えるね

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mul********さん

2011/7/2900:03:26

一般的な公道走行で(ちょっとしたスポーツ走行程度でも)、その走行距離で交換しているのなら、あまり計器での判断はしないでしょうね。

油圧計は、車種・エンジンによって範囲は違いますし、高度によっても変わってきます。
日常の油圧範囲を記憶し、日常走っている場所で低くなっているようであれば、オイル漏れしているかオイル粘度が下がっています。
最低値をワーニング値に設定しておけば、おのずと分りますね。

油温計は、こちらも車種・エンジンによって範囲は変わりますが、defiメーターによると通常で上限110度内ぐらいです。
といっても、通常でこの値になることはほとんどなく、いったとしても短時間なら問題無い範囲だと思います。
それ以上でサーキット走行した場合等では、オイル性能はほとんど失われるので交換が必要ですよね。
ピーク値を見れば、おのずと分りますよね。

一般的な公道走行で(ちょっとしたスポーツ走行程度でも)、その走行距離で交換しているのなら、あまり計器での判断はしな...

ika********さん

2011/7/2822:29:48

エンジンオイルは走行による熱酸化や剪断作用によって次第に劣化します。オイルの劣化を見極めるひとつの尺度が「粘度」です。
エンジンオイルが劣化してくると、粘度が次第に落ちてきます。粘度が落ちる(低くなる)=流動性が高くなるということですから、油圧数値が低くなります。同じ流量(ポンプの圧送量)でも、サラサラのオイルの方がネバネバのオイルより力をかけずに流せるということです。でもサラサラのオイルは油膜切れを起こしたり圧縮漏れを起こしたりと、オイルの重要な役割であるエンジンの潤滑・保護ができなくなっている危険性があります。
ちなみにこの「粘度」は、走行時、つまりオイルが充分に暖まっている状態での粘度が重要なのは言うまでもありません。

油圧計でエンジンオイル圧力=油圧をモニターすることで、粘度が下がってきている→そろそろオイルの交換時期 ということが判るようになります。例えばアイドリング時(温間時)の油圧が、交換直後は2kg/cm2だったのに、1kg/cm2を下回るようになったなどという場合、オイルの粘度が下がっている=劣化してきた=そろそろ交換 ということが判るわけです。
※油圧の正常数値は車種によっても異なりますので、新品オイル交換直後の油圧を基準にしてください。

エンジンオイルは一般的に、使用温度が150℃を超えると急激に酸化し、劣化が早まると言われています。油温計では走行時のエンジンオイルの温度をモニターし、スポーツ走行や長い渋滞などによって油温が上昇し、オイル劣化の危険温度に達していないかを監視してください。一度でも高温に晒されたエンジンオイルは、熱によって劣化が進んでいる危険性がありますから、早めに交換しましょう。

エンジンオイルの交換時期を数値として見極めるには、油圧計によるモニターで充分かと思いますが、油温計があればさらに確実と言えますね。
たとえ交換後の距離が短くても、走行条件によってはオイル交換が必要な場合もありますし、それが実際に計器による数値で把握できれば、オイル管理の失敗によるエンジンへのダメージも防げます。逆に、条件によっては走行距離も交換サイクルも、今までよりずっと長いスパンで済むこともありますから、メンテナンス費用の低減に役立つこともあり得るということです。

nmd********さん

2011/7/2822:04:59

計器で交換時期を判断するには、正常な状態を熟知していないと難しいです。
気温や水温・始動後の時間経過などで大きく変わってきます。
計器は交換時期を知るものではありませんので、ちゃんとオイルの色と粘度を指で確認できるようになりましょう。

niy********さん

2011/7/2821:54:54

油圧計だけで大丈夫。油温適温時のアイドリングに極端に油圧が下がりますよ。これはオイルがたれてしまって、オイルの粘度が下がってしまったと言うこと。ベースオイルは多分大丈夫なんだけど、粘度指数向上剤とかの添加剤が駄目になってる。

これが分かれば3千キロ交換なんてお馬鹿~♪って思いますよ。逆に気持ちよく走った後なら例え500キロでも駄目になってるって分ります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる