ここから本文です

バイクのカバー。 エンジン・マフラーの熱で溶けてしまうのを防ぐために、シート内...

アバター

ID非公開さん

2011/7/3100:55:11

バイクのカバー。 エンジン・マフラーの熱で溶けてしまうのを防ぐために、シート内側の一部に何かを貼りつけている方いませんでしょうか?

乗ったらすぐにカバーをかぶせないのが原則ですが、やはり面倒なのですぐにかぶせてしまいます。
その際、カバーが溶けやすい部分に触れないようにそ~っとかぶせているのですが、たまに油断していると数センチの穴が・・・!
ブチルテープ等で補修すると良い、と過去の回答でいただいたので来週にでも試してみようと思っているのですが、いつも溶ける部分はだいたい同じ箇所なので、その部分に何か難燃性のものを貼りつけてみたらどうかと思ったのです。
そこで、実際にシート裏地部分に何かを貼りつけている方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが。
よろしくお願いします。

穴があく度にシート買い替えはもったいないですし、2万くらいする高級品もちょっと手が出ません。
数千円の安物をなんとか長持ちさせたいと思っています。

閲覧数:
4,117
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bai********さん

2011/7/3118:11:16

この間、ライコランドにバイクシートを買いに行きました。

色々な種類があるのでジックリ吟味して・・・

その時「耐熱シート」なるものがありました。
(6,000~8,000円車種による)
ファイヤーマークが目印です。

これでも高いと感じるなら・・・
シートの裏地にグラスウールを貼ることをオススメします。
マフラーのサイレンサーに巻く・・・アレです。
耐熱900℃ですから、安心です。

まちがっても、「紙」じゃあダメだよ・・・。

アバター

質問した人からのコメント

2011/8/7 01:54:48

感謝 グラスウールなら数百円ですね! ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sio********さん

2011/7/3109:02:55

YAMAHAからバイクカバーの補修・強化として

耐熱シート
バイクカバーが焦げない!融けない!
・高温となるマフラーやエンジン部分に触れるバイクカバーの内側に貼り付けて下さい。
・シートの素材は厚さ3mmの肉厚仕様。
・高品質な耐熱フェルトを使用。
■使用方法
1.貼る場所を確認するため、エンジンがさめている状態で車体にカバーを掛けて、エンジンやマフラーに接する箇所の内側に軽く印をします。
2.カバーを外して内側を広げ、印の位置を目安に貼る面積に合わせてシートをはさみ等で切って下さい。
3.切り分けたシートを貼る面に当て、粘着保護紙を少しずつ剥がしながらしわにならないように貼り伸ばして下さい。
4.密着度を高めるために強く圧着して下さい。
■使用上の注意
●耐熱シートを貼り付けていないところが、高温部に触れないように装着して下さい。
●耐熱シートを貼り付けた部分でも、高温部に長時間密着しないように装着して下さい。
●ノーマル以上に高温となるカスタム車では、耐熱できない場合があります。

と云う商品が2000円程で発売されてますよ。

2011/7/3105:49:44

ガラスクロスがよいでしょう。
似た素材でガラスマットがあり多少安いですが、マットはばらけてくるのでダメダメです。
接着はセメダイン・スーパーXなどのシリコン系が良いでしょう。

tos********さん

2011/7/3102:59:44

耐熱性の高くて安いものといえば、私が思いつくのは「紙」ですね。
新聞紙や雑誌などは印刷用のインクが油性のものもあるのであまりお勧めできません。
ダンボール紙あたりの薄いものがいいんじゃないですかね。

紙って燃えそうに思われますが、そうそう燃えるものではありませんよ。焦げるくらいはするかもしれませんが、、、

dt1********さん

2011/7/3101:44:18

高級品は裏地が耐熱素材です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる