ここから本文です

入金額\0の時の控除額の処理

kei********さん

2011/8/111:41:13

入金額\0の時の控除額の処理

取引のある先方より支払計算書一式が
届いたのですが、内容は

支払い日 8月31日

支払額(弊社の入金額)\0

控除額(チラシ代)\50,000

とありました。


この場合、実際には入金されないわけですが、
8月31日付で仕訳( 宣伝費/売掛金 )を
起こすべきなのでしょうか?

注意:貸方に売掛金を使っているのは、
先方への売上(納品)の際、仕訳は 売掛金/売上
としているからです。

ある別の先方は「入金された際に控除する」と言っているのですが、

弊社では、今まで、計算書の内容通り指定日(上記の場合は8月31日)に
控除してきたようです。

会社によってやり方が違うだけで、特に決まりはないのでしょうか?

教えてください、お願いします。

閲覧数:
136
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zwq********さん

編集あり2011/8/114:46:45

その会社に対して、他の商品の販売とか他の締め期間で50,000円以上の売掛金が「すでにある」なら、あるいは当月中(当月の締め期間中)に50,000円以上の売掛金が「発生する見込みが高い」のなら、貴殿が指摘されるように
宣伝費/売掛金
でもいいでしょう。

→結局、いつかどこかのタイミングで相殺されるのですし、月次管理していても、月末残高がマイナスになることさえ避けられれば大した問題にはならないでしょう。

他方で、しばらく売掛金が発生しないのであれば、その会社に対する売掛金総額の残高が「マイナス」になってしまうので、リクツ上、その仕訳はよろしくありません。

その「宣伝費」の性格によって
宣伝費/未払金
とするか
宣伝費/買掛金
とすべきです。

→現在の売掛金残高が50,000円に足りないけど、「ある」場合は、例えば
(借方)宣伝費
(貸方)売掛金(残高があるだけ相殺)+未払金
と、差額だけ計上すればいいでしょう。

そして、将来、売上が立ち、売掛金が発生した時に
未払金/売掛金
とか
買掛金/売掛金
として相殺すべきモノだと考えます。

→もちろん、現金で清算するコトもあり得ます。

なお、日付は、従来のルールどおりにするのが無難です。

質問した人からのコメント

2011/8/5 15:41:53

降参 お二人ともありがとうございました。
今までの処理方法で今後もやっていこうと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

sir********さん

2011/8/114:37:06

今まで通りの方法を継続して下さい。

従って、ご質問の通り8/31付で経費計上です。
宣伝費/売掛金

厳密に言えば、宣伝費(チラシ)を使った時の経費です。
チラシが7月分でしたら
7/31 宣伝費/未払金
8/31 未払金/売掛金

ただし、決算時のみ未払計上で、通常月は精算された時に経理処理されているケースが多いです。

単に、全額控除されて入金がないだけですので、ご質問のように従来通りの処理をされて結構だと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる