ここから本文です

今寝ようとしてる間に思ったのですが現在我々日本人は中高六年間英語を習っていま...

team_generationgapさん

2011/8/1203:40:06

今寝ようとしてる間に思ったのですが現在我々日本人は中高六年間英語を習っていますがほとんどの人が英語で会話出来ませんよね?これって無駄じゃないですか?

国際社会と言われてる今共通語である英語は必要だと思います。だから英語を必須科目にしてるんでしょうが今の教え方では意味はないと思います。簡単な英文をだいたいの意味で理解しカタカナ英語で発音する、こうゆうレベルでいいんですかね?

自分は英語が好きですが、英語の授業は苦手です。これは決して先生の教え方が上手い下手ではないです。多分、心のどこかで否定してるんでしょう。

自分の意見はまず科目名を『英語』ではなく『英会話』にしたほうがいいと思います。実際に喋れるようになってから言葉を覚えたほうが日常的に使えると思うのです。しかも頭に入りやすいと思います。テレビなどで何かを覚える際声に出しながら覚える方法を紹介していました。それと似てる感じです。カタカナ英語で発音するから英会話出来ないんです。ちゃんとした読み方がわからないから発音出来ないし聞き取れない、だから英会話が出来ないと思うのです。

なんとなく言いたい事は理解して頂けたでしょうか?日本語がめちゃくちゃでしょうが寝ようとしてる間に「そういや……」と思って書いたので頭が半分寝てます。なので「英語の前に日本語勉強しろ」とかは勘弁してください。

なるべく皆さんの意見が聞きたいです。どうか意見をお願いします。

閲覧数:
4,472
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rysktbkwさん

編集あり2011/8/1205:07:01

言いたいことはわかります。

しかし、今の英語の授業を「無駄」とはいいきれませんよ。

高度なリーディング力を身につけ、英語で文献が読めて情報を入手し、ビジネスを成功させ国に大きな利益をもたらすような世界的な企業があります。医療もそうでしょう。化学もそうでしょう。
個人レベルでも留学を成功させたりしている人も多いでしょう。

英語の学習指導要領をあなたは知らないと思います。


今は指導要領自体はかなりコミュニケーション力を重視したものになっているのですよ。

他にも、高校でoral communicationのような授業が現在あったりしますが(また統合し変わりますが)、
多くの生徒はあまりまじめに取り組みませんよね。なぜだと思いますか?
そしてなぜそういった授業がうまくいかないか。

その理由の一つ(全部ではありません)は、

生徒や保護者が「英会話は受験にでないから」という理由で真剣にならないからです。

英会話スクールで毎年多くの中学2年生、高校2年生が辞めていきます。みんな「塾」に行くのです。
なぜだかわかりますか?
「来年受験だから英会話なんてやってられない」「学校の授業でも受験に特化した教育はしない」
「だ か ら 受 験 英 語 を 教 え て く れ る 塾 に 行 く ん で す」
という理由です。

英語を大学受験のツールとして一番捕えているのは、実は学習者自身で、ちょっと言い方が悪いですが、そういう人に限って散々自分たちの望む英語のスタイルで勉強をして大学に受かった後に、「習った英語が役に立たない」と言い出すのです。自分たちが望んでおいて、それはないですよね。

そういう意味で、受験制度を責めるべきでもあるでしょうが、学習者自身も多少の責任はあるでしょう。


質問者様のカタカナ英語で発音するから英会話はできない、という意見は、合っている部分もありますが、ちょっと待ってと言いたくなる部分もあります。喋れるるようになってから言葉を覚えたほうが・・・という点は、言語習得のプロセスの観点から、理解できないです。

世界の国々の方の英語の発音を聞いたことがありますか?私は先日中国人(大使館の方です)と英語で交渉しましたが、彼女の英語の発音が悪くて聞くのに苦労しました。しかしペラペラには話しているのですよ。中国語訛りが強かったのです。
インド系の発音だったり、ヨーロッパの方の発音だったり、様々な人と話しますが、みんなアクセントはあります。そして日本人のアクセントもある。
国連で話されている英語を聞いてみるとよいです。世界各国の英語が聞けます。
英語が国際語だと気付かされます。
友人のチェコ人は英語がペラペラですが、アクセントがあります。アメリカの高校で自国の紹介をしたときに、彼女の訛りのせいで生徒たちがニヤニヤして、発表後すごく傷ついてました。私は当時、多少の日本人アクセントがあったはずですが、まだマシだったらしく、彼女のように笑われませんでした。

日本の英語教育の在り方について疑問をもつことはよいことです。
実際改善する点もあるでしょう。

ただ、私は話せないことに関しては、学習者にも多少の責任があると思います。
英語は技能科目ですので、学校の授業だけでなく、個人でどれだけやるかにもかかるのです。
学校の授業時間は限られています。「中高で6年」といいますが、一日1時間もやっていませんよね。長期休暇は何もしないわけですし。
音楽の授業の時間だけで楽器が上手に演奏できるようにならない。これと同じです。部活があり、家での練習があり、そうやって上手くなるわけです。

少なくとも私は中高の英語教育で、洋書を趣味で読むことができていますし、英語でニュースを聞いて情報を得ることもできます(最近では原発関連に関しての海外のニュースは日本では得られない情報が多く、とても役立ちました)、洋楽も楽しんでますし、英語を使って企業で仕事をしてますが、外国人を部下にして指示を出す毎日です。世界の色々な国の人と友達になっています。

私が義務教育を受けたのが1990年代。15年前くらいでしょうか。
当時の英語の指導要領を見てみても、今のあなたが受けている英語の授業より、もう少しガチガチの授業ですよ。

質問した人からのコメント

2011/8/14 22:27:02

降参 回答して下さった皆様ありがとうございました。BAは悩みましたが1番共感できた方にしました。ネイティブ発音無しでもいいのでちゃんとした発音を教えて貰いたいものですね。そしたら英語の授業も好きになるのに……

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/8/1216:24:41

1コマ50分として・・・

英会話のレッスンは講師一人に生徒5人以下でないと、一人の生徒が質問を考えて自分で答える時間がを十分に撮ることが出来ません

公立学校で1つのクラスに4人も5人も英会話が出来る先生、ネイティブ講師などを確保出来ないし、一つの教室での授業は不可能でしょう

英語の基礎として読む、書くを学校で学んでいます

会話をテストで点数をつけて通知表をつけるなんて無理でしょう

喋れなくても文法なども完璧な手紙をくれる上のレベルの生徒がいると英会話講師が嘆いていました・・・

聞き取る、喋る方は自分で努力して身に付けましょう

編集あり2011/8/1209:24:01

大学まで入れると8年間ですね(笑)

まぁ、6~8年間も英語を勉強して喋れない人種は日本人ぐらいじゃないのかな?
私もその一人です(笑)

いわゆる文法英語ばかりひたすら勉強するから喋れない。
英会話の授業が皆無‥

文法英語は英語の先生にとっては教えるのが楽なのでしょうね(笑)
試験の点数も付け安いし‥
残念ながら楽な教え方をしてる先生の英会話力(発音)は褒められる程ではないと思います。

今更、学校が英会話に力を入れても試験や受験と言うものがあり点数を付ける先生が英会話のスキルがなくてはどうしようもないですね‥

一部私立では外国人の先生を雇っている学校も有ります。
外国人の先生を雇うと言う事は日本人の先生では発音がダメと言う現れでしょう(汗)

このように日本の英語の先生方は自分たちが昔から習って来た文法英語は得意で習ってない英会話が不得意な方が多いみたいですよ。

この先もこの現状は変わらないと思います。

英会話をしたかったら英会話の塾に行かないと喋れないと思いますよ。

参考になれば幸いです。

sekine63989さん

2011/8/1207:11:42

実は英語は、授業形式で発音を完璧に教えることは技術的に不可能です。したがって、現在のような発音記号を覚えさせる授業を続けさせるか、あるいは英語教師という職業そのものを消滅させるか、どちらかしかありません。もし英語の授業を廃止すれば、中学・高校のすべての授業が約4年半で終了しますので、残った1年ないし1年半を原則留学という形にするのです。留学してまで英語を勉強する必要がないと思う人はそのまま就職すればいいでしょう。そうすれば6年間、無駄なく過ごすことができ、また、家庭の事情で3年間高校に通わせるのは厳しい場合でもはやく就職することになるので助かります。私はこのように教育制度を変えるべきであると考えています。参考までに、帰国子女や留学経験者がどうやって英会話を習得したのかを解説します。

中学・高校では、発音記号どおりの発音しかないかのような授業を行っていますが、実は、英語には、文字にすればひとつでも、様々な言い方ができるという性質があります。私たちは、様々な言い方のうちの一通りしか覚えていないわけですから、英語が完璧になるはずがありません。しかも、英語教師は、たとえその事実を知っていても生徒に説明しませんので、完璧にならない理由もわかりません。それにつけこんで金儲けをしているのが英語産業であるという関係にあります。詳しくは以下を参照してください。

文部科学省は国民に公表していませんが、英語には発音記号どおりとは違った言い方ができます。発音記号どおりにどんなに早口でしゃべっても、ネイティブが普通に話すような、流暢な発音にならないことからもそれが理解できるはずです。より詳しく説明すると、英語ではどんな文でもいくらでも(無限に)違った言い方をすることができます。縦横無尽に音を変化させて話すことができると表現してもよいでしょう。(このことは、ネイティブが普通に話すことがわかるようになれば自分で理解できることですが、目に見える形で証明することはできません。ただし、ネイティブさえも違った言い方ができることをはっきりと言わないことからも、教えられないくらいたくさんあることは推測できるはずです。)
例えば、Wait a minute.をネイティブは「ウエイ ミニ」や「ウェーデ ミニ」など様々に発音します。(流暢な発音といっても、このように様々な言い方が可能なわけです)
「ウェーデ ミニ」と言われても、「ウエイト ア ミニット」という読み方しかないかのような授業を受けただけでは、Wait a minute.のことだとはわからないでしょう。これが、覚えた単語も聞こえてこないと悪名高い英語の授業の致命的な問題点です。(日本語のように文字と発音が一対一に対応した言語では、覚えた単語が聞こえてこないことはありえないのと対照的です)他の具体例は、洋画のDVDで、英語字幕とせりふを比較すれば自分の目と耳で確認することができます。ほとんどのせりふは、はじめから発音記号どおりにしゃべっていないため、知っている単語が含まれていても聞き取れないのは当然だというのが容易にわかるでしょう。英語では固有名詞も様々な言い方ができますので、人名(主要な登場人物の人名は何度も出てくる!)に着目するのも一案です。
英語のできる者たちは、それだけなら問題はないのですが、実は、英語が様々な言い方のできる言語であることはもちろん、発音記号を覚えても英語ができるという状態(=ペラペラ)にはならないことも知っています。ネイティブが普通に話すのがわかるようになると同時に気づくわけです。しかし、それらの事実を留学未経験者が知らないほうが有利なため、普通は絶対に他人には教えません。(実際、このサイトでも教えている者はだれもいません。)それゆえ、態度の悪い者に対しては、人間のクズを見るような目でにらみつけながら、「英語の授業がインチキであることをなぜ告発しないのか?」と問い詰め、血を吐くまで人格を否定してやりましょう。
英語は、上記の性質があるため、ネイティブでさえも授業形式でひとつひとつすべての発音を教えることは技術的に不可能です。日本にある英会話学校に通って英会話ができるようになった人がいるという話を聞かないのも、外国人講師が発音記号を覚えただけの日本人でもわかるようにしゃべっているだけではじめから何も教えるつもりはないので当然です。
どのような言い方をされても理解できるようにするためには、留学経験者が留学中、無意識のうちに行っていたように、ネイティブどうし(ひとりではダメです)が普通に話しているのをなにもわからなくてもひたすら聞いて慣れるという方法しかありません。ネイティブの子供がペラペラになるのも生まれながらにこれを行っているからだと考えると納得いくはずです。

2011/8/1204:13:02

学校で習ってテストができなくてやる気なくしたり、逆にテストがよければ英語ができる!と満足しちゃうから、伸びる人が少ないのでは?後は…「間違ったら恥ずかしい」ということで、実践する人が少ないこと。6年習っていれば文法・語彙ともにかなりありますから、あとは慣れだと思います。私は読み書きしかできず話せませんが、ネットで外国人とチャットしていると文法がちゃんとしている、と言われましたよ。

あと…文法そっちのけ、単語だけでも何とか会話しようとする人は上達が早いです。でも、文法やキレイな言葉遣いもちゃんと先に勉強しておかないと、後になっても癖は抜けないものです。そして「きちんとした言葉を話せないと、結局恥ずかしい思いをすることがある」のです。私はヨーロッパのとある国の言語を勉強して、今その国に住んでいますが「きちんと読み書きできず、キレイな言葉を話せない」現地人もたくさんいます。もちろん身近な人とだけ接して生活する分には問題ありませんが、仕事をする際をはじめとしてそれがネックになることも少なからずあるようです。

ということで相当ずれましたが、私も「英会話」の授業は必要だと思います。そのためには「授業は相手が誰だろうと、英語のみで会話をする」ように徹底するとか…。先生たちの「会話力、発音の美しさ」なども強化する必要があるのかもしれませんね(今は分かりませんが、私が中高生の頃の英語教師の発音はホントにカタカナでした)。

英語がお好きのようですから、授業は苦手でもどんどん英語を話す機会をつくって楽しみながら学べるといいですね。「キレイな言葉、話し方」も勉強できるといいと思います。

and_meercatさん

2011/8/1204:12:10

私も眠りかけで文章おかしいですが…

確かに全く話せないですね^^;
仕事で海外から電話がかかってきた時も、聞き取り出来ませんでした…。

ひたすら「Ican't speak English!」の連呼でした( -_-)
しかし、上記が六年間費やした賜物ですw

習ってなかったら、もっと悲惨だった事でしょう。。

あれからこの言葉は使っていません。
幸い周りに英語しか話せない人がいないからです。

ふと、質問を読んで気になったのですが、
英会話のテストはどうなるのでしょうか?

カンニングどころかテスト中に答えを口にしてしまいます´д`;

それは置いといて、
「A more B」とか日常であまり使わない英語より、
ちゃんとした電話の対応などの日常会話を教えて頂きたかった。。

私の教科書には、
プルルル(TEL)
A「Hello,What your name?」
B「Hello,My name is What」

※Bは、ワットさんってゆうオチ。

結局、二人は『Mr.ワット』と『What?』で喧嘩して電話を切る話で終了w

全くもって役立たずでした。
「He is meeting」ぐらい教えてよ(>_<)


ただ、高校の授業でハワイの先生が教えてくれたのは楽しかったなぁ♪

そうゆうの、増えると良いですね^^

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。