ここから本文です

めだかを飼っている水槽の水が真緑いろになりました。 めだかは元気みたいですが...

okonominekochanさん

2011/8/1307:33:47

めだかを飼っている水槽の水が真緑いろになりました。
めだかは元気みたいですが,何が原因でしょうか。

水槽は屋外に置いています。
緑色に水が染まった水槽と透明な水槽があります。
めだかは今のところ元気みたいですが害はないでしょうか。
何か改善する方法はありませんか。
水を半分替えてみましたがあまり効果はないようでした。

閲覧数:
108,820
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

musumedakaさん

2011/8/1320:38:44

ちょうど良い感じのグリーンウォーターであればメダカの調子は
元気で当然です。特に稚魚の育成には必須の水で、透明な
飼育水に比べて圧倒的に大きくなるのが早く色揚がりもきれいです。

緑色の元でもある植物性プランクトンが発生して緑色に見えますが、
この植物性プランクトンがメダカの育成に非常に効果的です。

屋外で日差しがある場所でメダカを飼育していれば早ければ数日で
緑色になってくることもありますが、同じような飼育環境でも片方は
透明だったりもあることですので環境による部分も大きいです。

きれいな緑色であれば上記のように害どころか良い水ではありますが
欠点としてはメダカが見えないので観賞に不向きということと、緑色の
濃度が日に日に濃くなってドロッとした感じのになると酸欠をおこしやすく
また、茶色っぽく変色したりしてくると良くない場合が多いです。


そこで透明な水を維持されたいのであれば、まずは底に赤玉土を敷き
タニシを数匹入れておくと水量にもよりますが数日で透明にしてくれますよ。
いきなり全ての水を入れ替えるのが心配でしたら今ある透明な水槽の
飼育水を流用したり、メダカには良いのでそのまま一部のグリーンウォーター
を使っても問題ありません。そして面倒でもごく少量づつ毎日水を入れ替える
ような感じで水換えすれば土とタニシ効果で透明度は十分に維持できます。
※水質、環境の急変には弱いので病気が出たりする可能性もありますので
まずはメダカの状態を最優先に緑の濁りを一気になくそうとしない事が大事です。

タニシを小さめのプラケースに2匹入れておいたら翌日にはグリーンウォーター
がほとんど透明になっていましたしタニシ効果は良く知られた対策ですので
試してみてください。

やはり全ての容器を透明な飼育水でなく病気が出た時のために一つは
グリーンウォーターの容器を維持しておきたいとお考えでしたらご質問に
書かれているようにたまに濃度を薄める意味で水換えしてあげるとメダカには
ちょうど良い水として維持できると思います。そして病気以外にも子供が
生まれたら是非このグリーンウォーターで育ててみてください。
生存率が非常に高くグングン育ちますよ。

私のオススメは一つの容器ではグリーンウォーターをいつでも使えるように
維持しておくと便利かと思いますよ。この知恵袋でもグリーンウォーターの
作り方を知りたいとよく質問があるくらいですから。

よく言われる目安としては薄めの緑茶程度のサラッとした濃さのキレイな
緑色がベストで抹茶のようにドロッと濃いものや茶色っぽいものは良くありません。

画像で参考になるかわかりませんが良い緑色の目安です。

ちょうど良い感じのグリーンウォーターであればメダカの調子は
元気で当然です。特に稚魚の育成には必須の水で、透明な...

質問した人からのコメント

2011/8/15 08:49:52

害よりもむしろ有益なのですね。めだかの赤ちゃんがたくさんうまているので早速有効に利用します。

「メダカの水槽が濁る」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

atnori56さん

2011/8/1316:37:23

害はないですし、かえってメダカには良い位かも
しれませんが、メダカが見づらいですよね。

私ならこうします。
緑水の水槽は完全にリセットでよ~く水洗い。
(徹底的にコケや藻を取る感じで)
透明な水の水槽から半分水をもらい、カルキ抜きした
水と合わせる。
底にはソイルか赤玉土を敷く。(緑になる予防になります)
弱くエアポンプでぶくぶくする。
出来ればすだれなんかで少し日差しを和らげる。

これだけやれば、かなり緑になる予防ができると思いますよ。
1度リセットしないと水換えだけでは防ぐのは難しいと思います。

ちなみに同じ条件で同じ南向きベランダでも、底にソイル
を敷くの(上)と敷かないの(下)ではこんなに変わります。

害はないですし、かえってメダカには良い位かも
しれませんが、メダカが見づらいですよね。

私ならこうします。...

yuunagi_1stさん

2011/8/1310:22:16

アオコそのものはメダカが生活していく上ではあまり問題はないんですよね。
発生しすぎると夜間に酸欠になるという話もありますが、植物の呼吸量なんて生体に比べたら微々たるものですし、水表面に居るメダカの場合は酸素は他の層に居る魚に比べて供給が薄くなることはそれほどありません。
で、このグリーンウォータですが、抑えるならまず水草(浮上タイプではなく水中に)をうえましょう。
水草の数(吸収量)が水槽内の栄養分発生量を越えればグリーンウォータは次第に消えていきます。
また、生体としてはこの時期の温度に耐えられるかが疑問ですが、二枚貝を入れてみてください。二枚貝の主食は植物性プランクトンや有機物等なので、その点に関してだけは濾過装置を付けたのと同じ状態を得られます。
現状で一番手をかけないでメダカに害を為さない方法は、エアーポンプ(電源が延ばせなければ電池式を購入して、充電池を使用)を設置し、微細な泡を出すタイプのエアーチューブを入れることと同時に水草を入れることでしょうか。
根本的な問題は酸欠だけなので。
餌でも効果はあるのかもしれませんが、そういう餌はえてして割高です。
そして日向に置いてある以上アオコは勝手に発生(うちの水草2本ころがしているだけの90cm水槽は濾過を回しても緑です)するものなので、むしろ水槽に陽のあたる時間を調整する様な屋根を付けた方が効果はあるかと思います。

yui7ai1さん

2011/8/1308:40:52

グリーンウォーターですね・ ・ ・
グリーンウォーターとは水中に増えた植物プランクトン(アオコ)が
大量に発生した状態の水のことです。
その植物性プランクトンは日光に当たると増えるので日光を避けて
日陰に置いて下さい。植物性プランクトンは酸素を消費するので植物性プランクトンが増えすぎると
酸素欠乏になりメダカが酸素欠乏で弱る・死んでしまいます。
なので定期的な水換え(水の濁りが消えるまでは換水を毎日行います。
換水量は状況により異なりますが、生体に影響が無い量を
各自判断して、なるべく多く換水します。(1/3~3/4)あまりにもひどい場合は、全換水して下さい。
一度の換水量が多いと、バクテリアに悪影響を与えるかもしれませんが、
まずはアオコを除去することが先です。)を行い酸素補給・グリーンウォーターを排除して下さい。
また植物性プランクトンは水中の栄養(チッ素やリン等)を栄養としているので
チッ素やリンが少なめの人工飼料をメダカに与えると良いと思います。
他の方も仰ってますがタニシを入れると水が多少キレイになります。
またエサのあげすぎが1つの原因ですのであげすぎだと思ったら量を少なくしましょう。
参考になれば^^;

gbd93ooさん

2011/8/1307:41:09

グリーンウォーターというものです。
メダカに害はありませんが、色が濃くなってくると、水中の酸素量が乏しくなり、メダカが酸欠になってしまいます。定期的な水換え、タニシの導入をして下さい。タニシはグリーンウォーターを抑える浄化力があります。ただし、入れすぎには注意。

uzi184さん

2011/8/1307:37:42

直射日光が原因です。
飼育水の全換えが必要ですが、直射日光が当たる環境だと数日でまた同じ結果になります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。