ここから本文です

今川治部大輔義元って、本名ですかね? 後、今川義元について、いろいろくわしく教...

aya********さん

2011/8/2610:13:57

今川治部大輔義元って、本名ですかね?
後、今川義元について、いろいろくわしく教えてください

閲覧数:
2,175
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ryo********さん

2011/8/2612:23:16

えーっと、織田信長に桶狭間でやられた戦国大名です。
治部大輔は官職なので名前というのはあれですが。。。

どの程度話せばいいですかね。。。内乱から家督相続をして
その後の苦難を乗り越え、領国拡大に成功します。
亡父の定めた「今川仮名目録」に追加法を作ったりもしています。
松平竹千代(のちの徳川家康)を人質に取っていたなどというのはあまりにも有名です。
最終的には桶狭間の戦いで落命。

書きすぎると細かくなりすぎるので以上で。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

編集あり2011/8/2917:27:01

治部大輔は、朝廷の官職だけど。義元は、自称。。。。。。。。。

桶狭間で、のんきに、昼休みに弁当食ってるところを信長に討たれたバカな大名ですよ。

戦国時代に、大名が、戦場でランチしているときに、討たれたのは、この義元だけです。

信者は、捏造しますが。史実では、愚かな人物です。

寄親寄子制による軍事編成が特筆?????なら、なんで、信長に負けたのですか?????

結果がすべて。

寄親寄子制=中世的な軍事組織で、支配を認めた在地土豪に兵役を課すもので、時代遅れ。

家康の家臣団=直属の家臣に領土を与え、在地土豪を付属させて家臣化。

信長の家臣団=直属の家臣に、さらに与力(直属の家臣)を付ける軍団長制度。

秀吉の家臣団=能力あるものをどんどん大名に取り立てる。ただし、一族が少ないのが
致命的で、家康に天下を奪われた。譜代の家臣が少ないため、徳川の天下で、
どんどん改易された。

毛利や島津の家臣団=兄弟・分家による一族支配。

今川家が、桶狭間であっさり負けたのも、寄親寄子の烏合の衆が原因。

武田が、あっさり滅んだのも、寄親寄子で、在地土豪の権力支配を認めたため。

tom********さん

編集あり2011/8/2618:27:50

昔の武将はよく名前が代わっています。生まれた時は幼名で、僧の修行中は梅岳承芳と名乗り、家督争いに勝ち義元になります。将軍の偏偉をもらってとのことです。
詳しいことはWIKIPEDIAとかで見た方が分かりやすいです。
それとこういう話題は荒れやすいのと、詳しい人は詳しく書くので本当は回答すべきではなかったんですが、
軍師太原雪斎とのコンビで遠江を安定させて三河の松平氏を取り込んでいます。のちの家康です。そして三国同盟、武田と北条、今川での婚姻による軍事同盟を結成して武田は信濃、北条は関東、今川は尾張方面というそれぞれにとって価値のある同盟でした。
三河の制圧では織田の信秀とも戦い、家康の人質問題で揺れたりしてますが、おおむね三河を勢力圏にして尾張侵攻を始めます。最初は調略とかで寝返りをさせたり国境線での戦いで有利だった訳ですが、信長が家督を継いで尾張統一近い状態まできたところで2万5千とも言われる遠征軍を発し、桶狭間の辺りで義元は討たれたということです。

特筆するのは寄り親寄り子制による軍事編成や外交での手腕、内政に力をそそぎ、駿府での繁栄をもたらしたということです。
文化にも造詣があり歌会などを公卿と行うとかいうのもあります。

本当に書くとかなりの量になります。戦の記録や家臣や一族などぽっと出の大名ではないのでやはり本当に知りたい部分は本やネットで調べるとかして欲しいです。ちなみに義元は名将かは戦歴が少なくてはっきりしません。ただ2万5千の軍を編成したり尾張攻略戦を見る限り戦略家であり、大名としては名大名で間違いありません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる