ここから本文です

温湿潤療法?とはなんですか? やけどの痕を目立たなくする方法 昨日の朝、...

アバター

ID非公開さん

2011/8/2717:26:31

温湿潤療法?とはなんですか?

やけどの痕を目立たなくする方法

昨日の朝、息子(1歳6か月)が朝食の出来立てのうどんをひっくり返してしまい(熱湯に近い温度、 700ccぐらいを鍋からどんぶり鉢に移すときに息子がテーブルに登り、鍋ごと引っくり返し被りました。)
首~おへそ近くまで中程度のⅡ度熱傷、20%のやけど
でこども病院に救急搬送、現在小児救急医療センターに入院しています。
やけど後すぐにシャワーとタオルにくるんだ保冷剤で冷やしながら、救急車内で金色のシャカシャカしたシートにくるまれました。息子は泣きっぱなしでした。

親の不注意が原因です(´□`。)°゜。

月曜日に退院予定ですがまだまだ赤いし、痛々しいです。
やけどの痕を目立たないようにしてあげたいのですが、自宅で出来る治療はないですか?温湿潤療法がいいと聞きましたが適応ですか?

現在、
痛み止めの座薬使用
体液が染み出ている皮膚に
おむつかぶれのときに使う青いとろみのあるクリームをのせ
ラップみたいなシートをかけて
ガーゼをかけて
包帯で上半身丸々くるまれています。



親の不注意が原因です(´□`。)°゜。
でも、なるべく痕が残らないようにしてあげたいんです。
何ができますか?

閲覧数:
6,225
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

turuchan_40さん

編集あり2011/8/2721:19:44

この次の質問でのリクエストに答えてやってきました。

リンクが多いのでパソコンで見られる事をお勧めします。

まず湿潤療法については超有名なこのサイトを見ておきましょう。
http://www.wound-treatment.jp/
これは、湿潤療法を立ち上げた茨城県の石岡第一病院の夏井睦医師のサイトで、全国で湿潤療法を行っている医師の教科書となっています。

<家庭でできるすりむき傷,裂傷,熱傷の治療-皮膚外傷のラップ療法->
http://www.wound-treatment.jp/next/wound245.htm
これが湿潤療法の基本的な処置ですので一度読まれればより一層理解できます。
ここではラップを使用していますが、キズパワーパッドでも同じ効果です。
塗って良いのは全く無害の白色ワセリンだけですが、それも無理に塗る必要はありません。

「湿潤療法が適応」かどうかはこれらを見れば判ります。
もちろん質問者さんのお子さんよりも深い火傷の症例がたくさんある筈です。

夏井先生の症例より<熱傷の治療経過:体幹・複数部位>
http://www.wound-treatment.jp/next/case/burn_5_trunk.htm

明石市の譜久山病院の深達性Ⅱ度の症例です。
<ちいさいお子さんのむねのやけど>
http://shinsatsu.exblog.jp/16629266/
<受傷後1ヵ月5日>
http://shinsatsu.exblog.jp/16665799/
<受傷後2ヵ月10日>
http://shinsatsu.exblog.jp/16686415/
<受傷後3ヵ月23日>
http://shinsatsu.exblog.jp/16703857/

こちらのブログの浅達性Ⅱ度のお子さんは、松山市の湿潤療法の病院へ転院されて10日でほぼ上皮化しています。
http://ameblo.jp/ttt0420/theme-10032797700.html

また、おむつかぶれのときに使う青いとろみのあるクリームとはアズノール軟膏ではないでしょうか?(違っていたらすみません)
http://health.yahoo.co.jp/hospital/medicine/detail/2/2649716M1042/

もしそうであれば、アズノールは湿潤療法で使用する白色ワセリンが基材ですのでワセリン代わりに使用する病院もあります。

【アズノール軟膏を傷につけるのはどうでしょうか?】
http://www.wound-treatment.jp/next/titles_situmon.htm#025

またそこに「ラップみたいなシートをかけてガーゼをかけて包帯で上半身丸々くるまれている」のは純粋な湿潤療法を受けているのだと思います。

使用している被覆材はラップそのものかオプサイトやパーミエイド等のフィルムドレッシングと呼ばれる物のロールタイプでは無いかと思います。
http://e-tyozai.com/care/tokozure/dressing/opsite.html
http://www.toray-medical.com/medical/yueki/yue_k001.html

広範囲ですので入院となった様ですが、上記被覆材や軟膏を使用している場合は退院した後も同じ治療を続けても構わないと思います。
多分担当医からもそう言った指示が出される事と思いますが、最新の正しい治療ですので安心して続けられれば良いと思います。


もし現在塗っている軟膏が青い半透明のアズノールではなく、クリーム製剤の場合は良くないので補足を入れられるか新しい質問を立てて下さい。

アバター

質問した人からのコメント

2011/8/28 08:59:36

降参 感謝、感謝です。ありがとうございます<(_ _*)>

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

編集あり2011/8/2721:52:51

湿潤療法とは、「消毒にあまり頼らず、水で洗浄し、傷を湿潤に保って、
自然の治癒力を生かして治す」という治療です。詳しくは以下です
http://www.woundhealing-center.jp/whatsnew/101117.html

何か特別な治療のように誤解する人が多いのですが、今はこの理念は
特別なものでなく、医療機関、特に熱傷治療を日ごろ手がける形成外科
などの病院では一般的になっている治療の理念です。
http://kizucare.com/hakken.html

お子さんの治療ですが、青いとろみのあるクリームは、「アズノール」
という軟膏ではなかったですか? ならばこれは消炎作用のある軟膏で、
創部の消炎と湿潤を保つために使われる軟膏です。
そして、ラップみたいなシートは、創傷被覆材とかドレッシング材とかいわれる
これも創部を湿潤に保つためのシートです。
つまり今かかっている病院も湿潤療法の理念に沿った治療をしていると思います。

ということで治療は問題ないと思いますが、一応お伝えすると、適応かどうかは、
火傷は深さだけでなく、範囲の広さや受傷箇所(関節部など機能障害を起こし
やすい部位)、汚染など多くがかかわるので、患部を実際に診察した医師が
判断できることで、ネット上で答えを求めないほうがよいと思います。
前の回答者さんのおっしゃるとおり、ある程度以上の火傷は感染症の危険も
高くなるので、自己判断・自己治療でなく、医師の指示にしたがって治療を
することがとても大切だと思います。

また、今回幼児でⅡ度20%と重症の火傷の部類に入ると思いますので、
形成外科(病院によっては皮膚科も)、または救急関係の火傷を専門に
見ている病院で治療することをお勧めしたいです。
(湿潤療法を謳っている病院は、それら専門の科でない病院も多いです)

おそらくその病院でも処方されているか、使用を検討される可能性が高い
と思うのですが、Ⅱ度の深いほう(深達性Ⅱ度・DDB)があれば、
「フィブラストスプレー」と言う深い火傷に効果的な薬剤があります。
これは今までの薬と違い、補助的作用ではなく、直接治癒を促進する
薬なので、早い治癒を促し、結果的に傷痕を軽減できます。
(実はこの薬は湿潤療法の一派では否定されていますが、一般的な
熱傷治療に長けた病院では処方されることが多いです)

万一病院のほうでこの薬のことを言われなければ、相談してみても
いいかもしれません。

実は私も幼い子に火傷を負わせてしまいましたので、気持ちは良く分かります。
ただ、そのときに医師に、まずは痕が残るか残らないかを心配するよりも
今できる限りの治療をして早く治す事を考えるべきだといわれました。
火傷は、なるべく早く治る(新しい皮が張る)と、それだけ痕が残りにくい、
軽く済むといわれているので、本当にそのとおりだと今になり思います。
今受けている治療は問題あるとは思いませんし、医師の指示に従って、
できるだけ早く治るように補助することが一番大切だと思います。

うちの子も熱傷専門医にかかり、質問者さんとほぼ同じ治療とフィブラスト
スプレー使用で、深かった部分もかなりきれいに治ってきています。
幼い子は火傷も深くなりがちで本当に怖く、気をつけなければいけない
のですが、その分大人よりも治癒力がずっと高いようです。

また、治癒後に当分、遮光、保湿(病院でいい薬が出されるかも)、
掻かないようにすることで、痕が残りにくくなります。
ただ、半年、1年とかけて、薄くなったり、消えてい感じと思ってください。
なるべくきれいに治りますようにお祈りしています。お大事にしてください。

2011/8/2717:31:13

適応ですか?

現在、入院中とのことですから、退院後の継続治療についても主治医の判断に従いましょう。素人判断は、大変危険です。感染を来せば将来に渡って大きな瘢痕を残す事になります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。