ここから本文です

トマトの件です。 出身地(原産地):アメリカの西部高原地帯で現在のペルー・エ...

nat********さん

2011/8/2820:57:57

トマトの件です。
出身地(原産地):アメリカの西部高原地帯で現在のペルー・エクアドル圏
品種名:ナス科のナス属性
和名:トマト、赤茄子、蕃茄(ばんか)、小金瓜、唐柿(とうし)
歴史:16世紀にイタリアに伝わり、17世紀までに南欧中心に栽培が普及。18世紀初期に渡来したが、当時は観賞用としてで、生食用として生産が増え始めたのは昭和10年以降。
名前の由来:トマトの語源のトマトゥルとはホオズキのことで、トマトとホオズキが似ていること。また、トマトゥル=膨らむ果実」
イタリア語「ポモドーロ=黄金のりんご」
フランス語「ポム・ダム=愛のりんご」
イギリス語「ラブ・アップル=愛のりんご」価値ある高価な果物のことをりんごと言われていた。
種類:世界で8000種類もあるといわれている。
栄養:トマトの栄養成分は、赤い色素成分のリコピンは健康の源。トマトはリコピンの含有量がとても高いので、抗酸化作用、つまり生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがある。ストレスや過度の飲酒で活性酸素が増えていくので、二日酔いにトマトジュースがいい。さらに、リコピンは、老化予防・免疫力アップ・ダイエット効果・メタボ対策・脳機能アップにもなる。また、ビタミン・グルタミン酸・ミネラル・クエン酸・ペクチン・ルチンと栄養は豊富です。



こんな感じでどうですか?

この質問は、qwq********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
849
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qwq********さん

リクエストマッチ

2011/8/3118:28:07

あろがとうございまう(T▽T)

とても助かりました(つд⊂)

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる