赤穂浪士は現在の感覚で言うとテロリストですか???

歴史1,949閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

0

テロリストでは有りません 秘密裏に幕府より打つ機会を与えられていました しかし、事実的な公認で有ったにも関わらず体裁を繕うために幕府により処分は行われました 赤穂浪士は事前に十分理解した上で行動したのです

0

テロリズムとは、政治的目的を達成するために、暗殺や暴行や破壊活動など 暴力行為や心理的恐怖を与える行為のことです。 赤穂浪士は主君の仇を討つことが主なる目的であって 政治的な意図はほとんど無かったと思われます。 幕府の裁定に対する鬱憤(うっぷん)を晴らそうという気持ちはあったかもしれないが。

0

先日はBA回答にしていただき、ありがとうございます。 上の方がおっしゃっているように「広義のテロリスト」だと考えています。 浅野が切腹してから約1年半、大石は幕府もですが他の大名の動向を伺っていたのだと思っています。 じゃなければ、襲撃後の他大名の動きが早すぎます。 前田家・細川家などの大大名が嘆願をすぐに出せたのには裏があるように思えてなりません。 公然と抗議できる機会を浪士たちが与えたわけですから。 浪士たちが「やっちまった」後の大名たちの動きを見ていると、「静かな関ヶ原の戦い」のように思えます。

0

「現在の感覚」で言えばテロリストに見えるでしょうね。 実際のもとになった事件は、突然の乱心者に斬られて怪我をしたのであって「喧嘩」ではないのです。場所が殿中だったので内匠頭の切腹となった、これで一件落着のはずだったのです。それを復讐しようとする赤穂浪士の動きは「吉良方」からはテロリスト以外の何者でもなく思えたはずです。ただ綱吉と柳沢吉保との考えは他にあったということでしょう。

0

逆恨み集団です、忠義の義士とは講談師が仕立てたもの、お上にたて突く反乱文士、吉良にしてみれば、ストーカー集団です、