ここから本文です

らんちゅうの尾形について、前がかりがあり、への字の様に曲がり柔らかいものと弓...

dqd********さん

2011/8/3021:44:40

らんちゅうの尾形について、前がかりがあり、への字の様に曲がり柔らかいものと弓のように緩やかに曲がり硬いものがありますが、系統による違いか、飼育技術により創るものですか?例えば、土佐

金のように丸い鉢で泳がすと綺麗に曲ったりしますでしょうか?

当方、プラ船180にて当歳魚5センチ位を10匹泳がせてる舟があります。濾過無し、エアーのみ。

閲覧数:
888
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kor********さん

2011/8/3102:26:22

ここらの内容は、知恵袋では述べたくないね・・・。

これは先天的・後天的の両面から相違が考えられるので言い切れませんが、『裏皿の善し悪し』が大きく関与するとは言えますね。
※ 『振り込み』については『走らせる事』『腹の付け方』が、後天的な要素として挙げらるかな。
※ 今の時期で5㎝だと、大きさが厳しいね。

ランチュウのように一気に魚を伸ばす飼育においては、丸鉢のような特殊な環境は『曲がりや癖の元凶』となるので、面白いながらも結果を得る事はできないと思われます。

質問した人からのコメント

2011/8/31 06:36:21

降参 裏皿が根っこ、尾鰭が茎や花。と理解しました。裏皿に対する目を養います。有難うございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる