確定拠出型の企業年金について質問です。 確定拠出年金についての説明文に 「運用商品は3種類以上選定され、そのうち一種類は元本確保型商品となっており、

確定拠出型の企業年金について質問です。 確定拠出年金についての説明文に 「運用商品は3種類以上選定され、そのうち一種類は元本確保型商品となっており、 その中から加入者が選定する。」 とあります。 しかし、これがどういうことなのか上手くイメージできません。 解説お願いしますm(__)m

年金1,147閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

確定拠出年金制度の設計において運用機関が提供する運用商品についての定めの様ですね。 商品にはハイリスク-ハイリターンからローリスク-ローリターンの債権や株への投資型の商品と、定期預金や保険型の元本保証型など、いろいろあります。運用機関はその中から選んで加入者に提供するわけですが、商品は3種類以上選定して提供し、そのうちひとつは加入者の安全のためにリスクのない元本保証型を必ず加えておきなさいということです。加入者はその提供された商品ならどれでも選べます(ひとつでも複数でも)。加入者は必ず元本確保型商品を選びなさい、ということではありません。 実際は3種類ということは無く、10~20種類、あるいはそれ以上提供され、その中に元本確保型も数種類含まれるのが普通です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:2011/8/31 23:43

その他の回答(1件)

0

運用商品には「元本確保型」と「投資信託」の2つに大きく分けられます。 元本確保型はその名の通り、預金と同じと思って下さい。(定期預金、保険商品など) 投資信託は投資なので、債権型や株式型があります。(国内債権、海外債権、国内株式、海外株式など) 3種類のうち一つは最低でも堅い預金型を選択しなさいという意味です。