ここから本文です

法律家の皆様おしえてください。 オレオレ詐欺は犯罪なのに、厄払いが犯罪では...

jng121jngさん

2005/12/1610:14:54

法律家の皆様おしえてください。

オレオレ詐欺は犯罪なのに、厄払いが犯罪ではないのはなぜですか?

どちらも言いがかりつけてお金を払わす点では大差ないように思うのですが。

・支払い後の本人の納得感の有無?
→では、広告からなんとなく不安になり厄払いを受け、その後科学的根拠、客観
的根拠に欠けるものだとしり憤った場合は厄払いも詐欺?

・宗教的な行事だから?
→では、宗教団体登録をし、あなた呪われてますから振り込んで、と電話するの
はOK?

・社会一般にそれなりに認知されてるから?
→では、社会情勢の変化によっては厄除けも詐欺になりうる?

閲覧数:
762
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2005/12/1621:25:23

詐欺罪(刑法第246条)は、相手が本人を騙し、騙された本人が勘違いして財産を相手に取得させると成立します。

「祈祷」に詐欺罪が認められた事例があります(最決昭31年11月20日、参考URL)。
この事例では、「祈祷師が、自己の行う祈祷が全然治病の効能なく、良縁、災難の有無、紛失物の行方を知る効もないことを信じているにかかわらず、いかにもその効があるように申し欺いて祈祷の依頼者から祈祷料等の名義で金員の交付を受けるときは、詐欺罪を構成する」と判断されています。

これから、質問の「厄払い」でも、効能のないことを知りながら効能があると偽って本人を納得させて厄払い料を得たのであれば、詐欺罪が成立することになるでしょう。
「厄払い」が宗教的な行事であるとか、社会一般に認知されているとかは関係ありません。
ただ、効能のないことについて本人が納得している場合は、騙す行為がないとして、詐欺罪は成立しないと思われます。
http://courtdomino2.courts.go.jp/schanrei.nsf/VM2/5582A5E30630BBB74...

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2005/12/1611:07:08

「厄払い」を詐欺だと訴える人がいないから、詐欺にはならない。

オレオレ詐欺は明らかに、確信犯的に、人をだましている。

厄払いは、それを受ける側がどういうものか納得した上で、受けている。
確かに、「厄年」というもので一般人の不安をあおり、たいした祈祷もせず暴利をむさぼっていると取られるふしもある。
しかし、それで受けたほうが納得しているなら犯罪にはならない。

厄払いを受けたにも関わらず、事故にあい、「厄払いを受けたからこの程度で済んだ。厄払いしていなければ死んでいた」
という納得の仕方もあるので.....犯罪にはならなね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。