ここから本文です

カメラマンの仕事の内容はなんですか?

dfk********さん

2011/9/418:55:27

カメラマンの仕事の内容はなんですか?

閲覧数:
788
回答数:
1
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

職業データ

カメラマンとは人物や建物などの被写体をカメラで撮る人のことを言います。
別名、写真家・フォトグラファー。
アイドルの撮影会やキャンギャルの撮影に集まる素人カメラマンは、通称「カメラ小僧」と呼ばれています。
仕事内容

カメラマンの仕事内容は写真を撮ること。
ただ写真を撮れば良いわけではなく、目的に応じて被写体を撮影する事が要求されます。

例えば、撮影対象が食品であればおいしく見えるように、スポーツ選手であれば躍動感が表れるように、モデルであれば服と人物が華やかに見えるように、と写真の取り方に工夫を凝らして撮影します。
クライアントの要求に如何にこたえるかが、カメラマンの腕の見せ所。

撮影場所や撮影対象はさまざま。
スタジオ等で行うことがが一般的ですが、中には断崖絶壁にしがみつきながら風景を撮影したり、ある一瞬を撮影するために何時間も同じ所でシャッターチャンスを狙い続けたりと、専門分野によって異なってきます。

デジタルカメラの撮影が多くなったこともあり、撮影後に画像修正をすることも多くなったそうです。
そのため、photoshopなどPCの知識も必要になります。

カメラマンの勤務先は新聞社や雑誌社、広告代理店などがあります。
その他にも、独立しフリーで活躍している人も多い。
勤務地は需要の多い大都市に居住している人が多い。
特定地方での撮影の需要もそれなりに多く、専門ジャンルによっては地方で活躍することも可能です。

撮影の状況によって勤務時間や休日は不規則になります。
カメラマンのなり方・仕事のつき方・就職転職
高校や専門学校、大学などで写真について学ぶ

カメラマン
プロカメラマンのアシスタント

カメラマン

カメラマンになるには特に資格は必要ありません。

高校や専門学校などで写真の関する知識や技術を学び、広告代理店や雑誌社などに就職すればカメラマンとして働くことができます。
一番多いパターンはこのルートでしょう。

その他には、プロのカメラマンのアシスタントとして下積みをしてからカメラマンとして活躍する人や、独学でアマチュアとして活動し、写真雑誌のコンテストなどで実績をつくりプロカメラマンになる人もいます。

カメラマンになりやすい進学先には、写真・芸術・美術系の各種学校があります。
大学の写真学科一覧。
カメラマンの年収・収入・給料は?

カメラマンの年収は、自分の写真集が出せたり、撮影の依頼が頻繁に来るようなトップクラスで億単位。底辺では、月収10万円以下のカメラ代にも困る状況で個人差はかなり大きい職業です。

収入は営業力によるところが大きく、仕事をどれだけとってこれるかが勝負。
年度ごとに年収が増減する人も多く、年収300万円で程度が一般的で生活するには厳しい収入状況。
会社に勤務している場合はその会社次第です。

最近は、カメラの性能が向上し、クオリティの高い写真が容易に撮影できるようになった為、カメラマンの仕事は減少傾向にあります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる