ここから本文です

西荻のパン屋さん、リスドオル ミツ、閉店。

ros********さん

2011/9/508:50:51

西荻のパン屋さん、リスドオル ミツ、閉店。

一体どうしちゃったんでしょう?震災後、三陸のパン職人さんを何人も雇用してがんばっているという新聞記事を読んだのですが。先週、お店の前を通ったら張り紙がしてあり、大ショックでした。一体?

閲覧数:
20,831
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

urg********さん

2011/9/510:09:34

色々悩んだ末に閉店したと思います。

ホームページから
急なお話で申し訳ないのですが、このお店をお休みさせて頂きます。
私(廣瀬)が神経質すぎるせいなのか、それとも亡き父に教わった「愚直の精神」なのか解りませんが、とてもではないですがこのままパン屋を続けて行く気持ちが無くなりました。
「無添加」を標榜して16年間、特に西荻近隣のお客様 には大変お世話になりました。
今まで当店は発酵促進剤、乳化剤、香料、などあらゆる化学合成物質を不使用としたパン作りを続けて参りました。
そしてトランス型脂肪酸も不使用、更には「遺伝子組 み換え」、「放射線照射による種子」使用の心配から国外産小麦粉を一切使用せず、国内産小麦粉だけでパン作りを続けてきました。
しかし、3月11日以降、段々と広がっていく放射能汚染には頭を痛めてまいりました。
特に今巷で騒がれている「セシウム137」のセイです。材料、特に牛乳や乳製品にセシウム137が含まれているかもしれない、との心配が昨今のニュースで伝わってきました。
とにかく「自分の良心」に忠実に、そして政府も行政も無策だからこそ(五木寛之さんではないですが)動物的感と嗅覚で行動する事にしました。
自分は最後の最後までパン職人としてパンを焼き続ける、を心情にしておりましたが、今は安全な材料が手に入らない「パン屋のオヤジ」が、子供たちも口にするパンを提供する事によって、いつ「加害者」にならない、とも限りません。
ともかく今は安全な材料を探しに北海道、オーストラリア、ニュージーランドに行き、酪農従事者農業生産者の方たちにお話を聞いてみたいと思っております。
こういう形のワガママ を、どうかお許しくださいませ。
最期に、「 我、 渇しても、汚染した材料は使わず 」
ご愛顧に感謝しつつ
無添加パン工房 リスドォル・ミツ
店主廣瀬満雄
http://lysdor-mitsu.com/

質問した人からのコメント

2011/9/6 10:33:34

張り紙を見てからすぐにネット検索したのですが、HPは閉じられていて読むことができませんでした。そうですか、こんな風に書かれてあったんですね。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hed********さん

2011/9/509:19:32

オーナーの廣瀬さんは、本当に心から安全で美味しいパンを
作ってこられてきました。

震災後、すべての食材が不安で大変だったようです。
自信を持った製品ができなくなったそうです。

「安心、安全、無害な「無添加パン」を標榜し、この16年間営業を
続けて参りました.昨今ほど「人としての無力」を感じた事はありません.
自分の確信が持てない材料でパン作りを続ける事は、
私にとって耐え難い屈辱です。」
とおっしゃっていました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる