ここから本文です

もんじゅの直下5キロにマグニチュード(M)6・9の地震を引き起こす可能性が発...

地球人さん

2011/9/610:35:35

もんじゅの直下5キロにマグニチュード(M)6・9の地震を引き起こす可能性が発覚。事業者「耐震安全性に問題はない」
http://www.ask.ne.jp/~hankaku/html/mihama-katudanso.html(朝日新聞2008年4月1日夕刊)

地震の威力は凄まじいものがある。

耐震評価にはナトリウムでもろくなっている配管設備を、<<正確に>>考慮しているのか???

それとも、いつもの過小評価しかしていないだろうか?



以下は(朝日新聞2008年4月1日夕刊)の記事全文
原発5基と高速増殖原型炉「もんじゅ」が集中している福井県敦賀半島で、関西電力美浜原発やもんじゅの直下数キロや横数百メートルに、昨年の新潟県中越沖地震(マグニチュード〈M〉6.8)並みの地震を起こす恐れのある活断層が走っていることを31日、関電など関係の3原子力事業者が認めた。原発の耐震性再評価を国に報告した中でのことで、3事業者とも「耐震安全性に問題はない」としているが、想定する地震の揺れは従来を大幅に上回った。

活断層地図

関電と日本原子力発電、日本原子力研究開発機構の3事業者による共同地質調査で、美浜原発の西3キロの活断層が長さ18キロになることがわかった。M6.9の地震を引き起こす恐れがあるという。この活断層は東の地下に延びており、美浜原発の直下4キロ、もんじゅの直下5キロを通っていた。もんじゅの直下1キロには別の活断層も確認された。

事業者は、強い揺れは深さ4キロより下の部分で生じる地域特性があるとして地震を仮定。その結果、美浜原発、もんじゅとも基準地震動(安全評価の基準とする揺れ)の最大加速度を600ガル(ガルは加速度の単位)に引き上げた。設計時は美浜原発405ガル、もんじゅは466ガルだった。中越沖地震で柏崎刈羽原発1号機の原子炉建屋最下階では680ガルを記録した。同原発は120ガルで自動停止する設計だった。

日本原電は敦賀原発の東200メートルを通る断層が長さ25キロに及び、M6.9の地震を起こす活断層であると認めた。従来、活断層とする専門家の指摘を認めていなかった。日本原電は基準地震動を532ガルから650ガルに引き上げ、さらに南に断層が延びていて最大39キロが同時に動いたとしても耐震安全性に問題がないと確認したとしている。

このほか、東京電力、北海道電力、九州電力の各事業者も、いずれも耐震安全性には問題ないとする報告書を国に提出した。これで、新耐震指針に基づく原子炉など重要機器の耐震再評価は、中越沖地震で直撃を受け、まだ調査が続いている東電の柏崎刈羽原発を除いて出そろい、今後、国が再評価の妥当性をチェックしていくことになる。

もんじゅ,活断層,耐震安全性,M6.9,美浜原発,原発,ひずみ

閲覧数:
465
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iru********さん

2011/9/611:55:50

そりゃやばいよ。
福島だって断層あるの分かってたが今回の地震でひずみが高まりましたから。
国土そのものも変化していくわけだ。

アメリカなんて70年ぶりに震度4くらいの地震が起きたわけだけどそれに比べて
日本は本当に地震大国なわけだし。原発なんて立地が向いてなかった。
原発そのものは大丈夫な気もするが地盤がぐらぐらじゃぁね。
原発にこだわってたら第二の福島もありえる。

質問した人からのコメント

2011/9/6 18:57:25

いや、原発そのものも良くありません。
原発は事故が無くても、(通常運転でも)放射能を出してます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる