ここから本文です

工事現場での下請会社の主任技術者の専任・非専任について

hiroyuki560111さん

2011/9/1318:35:56

工事現場での下請会社の主任技術者の専任・非専任について

工事現場で下請会社の主任技術者が非専任である時、その下請会社が作業がある時は、主任技術者は現場に居ないといけないのでしょうか?
仮に居ないといけない場合、専任と非専任の区別が分かりません(請負金額2千5百万円以上、以下での専任、非専任は分かります)。
どなたかご教示願います。

閲覧数:
73,417
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hikapon51さん

2011/9/1414:00:23

非専任である時、その下請会社が作業がある時は、主任技術者は現場に居ないといけないのでしょうか?
作業時は居ないといけません。また居るだけでは主任技術者の意味は無く、率先して施工及び管理に携わる必要性がありますよ。

専任と非専任の区別は?
下請負金額2500万円(税込)以上、建築一式工事の場合は5000万円(税込)以上の場合は御存知のとおり専任です。

専任と非専任の区別が分かりません?(現場に居なければならない期間が分かりません?と解釈します。
専任の場合:注文書の契約工期
非専任の場合:請負部分の実働期間 となります。
また、中間検査及び完成検査には道義上専任、非専任に関わらず同席しなければならないでしょうね。

質問した人からのコメント

2011/9/14 19:55:33

降参 大変勉強になりました。また、機会がありましたら、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いします。

「主任技術者 専任 非専任」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2011/9/1322:46:45

下請会社は
・現場代理人
・主任技術者
・安全衛生責任者

を担当現場に常駐させねばなりません。
全て兼務できます。

再下請会社も同様です。

専任というのはその現場が終わるまで他の現場には行けないという
ことですから、非専任であればたとえば2カ所の現場を受け持つことが出来ます。
工程調整をされれば出来る範囲もあります。
でも、代理人は専任となりますから
兼務されているならば主任技術者も専任ということになります。

この辺、ややこしいですね。
官公庁か元請に聞かれてみてください。

下請、孫請け、曾孫受けなど数社入っている場合は
もうなんだかわからんようになってきたりしますし。
書類がきっちりされていれば、発注者も元請も
そう、うるさくないみたいですが。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

職業とキャリア

職業

  • この仕事教えて
Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。