ここから本文です

慢性腎不全の猫を飼っています。 治療が始まり2年と1ヶ月が経過しました、 ...

kur********さん

2011/9/1409:28:20

慢性腎不全の猫を飼っています。

治療が始まり2年と1ヶ月が経過しました、

一番初めの病院での出来事をお話しします..

①私が、この子、生きられますかねとの問いに

獣医曰く、このての猫は駄目でしょうね..

②愛猫の調子が悪くなり朝方電話したら自宅に転送され

獣医曰く、私達にも生活がありますから..

③獣医曰く、このホメオポトロジーをやっているのは、この辺で私の病院だけ

嫌なら、他の病院へ行ってくれ..

獣医師に質問です、愛猫が病気になった場合、飼い主は、やはり気持ちが落ち込みます

獣医師として、飼い主に対して、この様な発言はして良いのでしょうか?

現在は、他の病院で、輸液療法を実施しているため、元気です..

ホメオパシー治療の時は、辛そうでした..尚且つ体重がだんだん減少していきました、

今は3.15㎏から3.96㎏まで改善しました。

補足獣医師スタビンスさんへ

去年9/29の血液検査の数値です、BUN 80.9Cre 6.1 IP 11.4

Ht14.0以下でした。現在は検査はしませんが、ご飯40グラム以上食べてくれます。

獣医,獣医曰く,飼い主,獣医師,ホメオポトロジー,ホメオパシー,愛猫

閲覧数:
4,672
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kum********さん

2011/9/1409:59:09

動物病院といっても、結局自営業なので、そういうことを頻繁に言ってると、お仕事なくなっちゃうでしょうね。獣医さんといっても、聖職者じゃないのでいろんな人がいます。運が悪かったと、あまり気にしないことです。

飼い主さんの口コミほど怖いものはなくて、一度でもそういう対応すると、あっというまに広まってしまって、あそこの病院は不親切だ、ってなってしまうともう大変です。その獣医さんは飼い主さんの口コミ力を甘く見てますね。自信とプライドだけではメシは食えんということです。世の中にはゴマンと病院がありますから、あなたに合う病院を探せばいいのです。

それよりも、ホメオパシーについてですが、現在では完全にニセ科学としてその効能が否定されていることをご存じでしょうか?一種の宗教のようなものでもあり、熱心な信奉者たちは今でも信じてなさっているようですが、世界的には何の効果もないことがはっきりしています。日本でも、ホメオパシーにハマりすぎた人間の助産師が、必要な薬の代わりにホメオパシーに使うなんとかレメディーしか与えず、その結果新生児溶血で死なせてしまったことがあって話題になりました。

結果的に体重も増えて、今の治療があなたの猫ちゃんに奏功しているようですので、病院を変わってよかったのです。

慢性腎不全の治療は、完治を目指すのではなく、いかにいい状態を長く保たせるかが重要です。細く長く、あまり頑張りすぎずかといって手を抜かず、気長に付き合ってください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nat********さん

2011/9/1520:38:10

良い病院に変われてよかったですね。

私も何ヵ所か病院を変わりました。
獣医さんて医者だけど人の医者より低くみられる分、異常にプライドが高い人がいるようです。
結局威張れるのは患者飼い主に対してだけなので。
今は動物病院も飽和状態ですから、そんな獣医の病院は淘汰されていきますよ。

tho********さん

編集あり2011/9/1417:13:23

ホメオパシーは医学的な治療法ではなく、詐欺まがいのオカルト療法です。
なので信じない人にはしないのは当然かと。まぁ、普通の獣医師なら信じる信じないに関係なくホメオパシー自体しませんけど。

治療経過から見て本当に慢性腎不全なのかな?とも思いますけど。

追記
猫の慢性腎不全を起こす一般的な原因である”慢性腎臓病”ではなく、多発性腎嚢胞とかで慢性腎不全を起こしているんじゃないかなと思ったのです。慢性腎不全には変わりはないですね。言葉を間違えました。ごめんなさい。
猫と二人三脚で闘病頑張ってくださいね。

koi********さん

2011/9/1410:14:09

私は獣医ではないのですが・・・
犬2匹・猫1匹今まで、自分ができる範囲大事に育て、幾つかの動物病院もかかりました。
それで感じた事は、病院によって大きな違いがあり、設備などが整っている事も大事ですが、特に獣医の方の経験や能力や熱意
また、動物にしてあげられる事の説明や、飼い主へのアドバイス等をして頂ける事等が大事かと思います。

でも、動物は病院に行く事さえストレスに感じます、また金銭面でも多額の負担になり、そんなにあちらこちらに行く事も
できません。もっと病院の良否や詳しい情報がわかるようになればいいと思います。
良い病院が増える事を願っています。

bu_********さん

2011/9/1410:06:57

慢性膵臓炎+慢性腎不全の猫と暮らしてました。合わせて闘病生活は3年半に及びました。
自宅皮下輸液も1年以上やりました。
だから質問者様の心情は判るつもりです。

特に腎不全の猫ととことんまで付き合おう、と一旦決心すると、その精神的負担、経済的不安は並大抵ではないのでは?少なくとも我が家はそうでした。うちがもっとお金持ちならな、私が仕事に行ってなければ、毎日でもこの子といてやれるのにな、と良く考えたものです。
ですから獣医さんとのカウンセリングはとても大きい比重を占めていました。

掛かり付けの獣医・M先生は、時間的にもお金的にももっと負担を軽くしようとおっしゃって、何も知らない私たちに自宅で輸液しなさい、そうすればコストが安くなるから。針も箱買いの方が良いよ、体に刺す方の針は一度きりだけどこちらの針はこれこれこうすれば何度かは使えるよ。悪くなったら夜中でも電話しておいで、となにくれとなくアドバイスして下さいました。
猫がとうとう力尽きた日に、報告しようと受付の方に電話して「M先生にお伝え下さい…」と言いましたが、すぐにM先生が出て、「あの子は本当に頑張りましたね」とねぎらって下さり、先生の声もうるんでいるのがわかりました。

最善を尽くして下さり、本当にいい先生だったと今でも感謝しています。
質問者様の猫さんの担当獣医さんのお話を聞くと、特にそう思います。
取り敢えずその獣医さんは人にお勧めはできませんね。
勉強不足で「ホメオパシー」という治療法がどんなのかは存じませんが、(何やら有難げな単語ですがw)やはり輸液の方が猫さんに合っていたようで良かったです。
飼っている猫や犬が病気になると、飼い主の心も病気になります。
それを判って頂きたかったですね…
猫さんお大事に。長生きしてね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる