ここから本文です

交通事故の事故処理時の警察官の話で疑問がありました。

purin8483さん

2011/9/1614:23:16

交通事故の事故処理時の警察官の話で疑問がありました。

先日、信号のない交差点で一時停止義務を怠って交差点に進入してしまい、左から来た車の右後方に衝突してしまいました。
すぐに警察に連絡して現場に来てもらい、その時点で相手の方にも怪我はなかったのでひとまず物損事故で処理するということになりました。

しかしその時、警察官が

①人身事故の場合は行政処分や刑事処分が加害者に科せられるが、物損事故の場合はそうした処分に問うかどうかの決定権が被害者にある。

②交差点での事故なので相手方にも注意義務があり保険会社の示談交渉の過失割合は、恐らく当方10:相手0とはならない。しかし実際のところは当方が全面的に悪いので、相手方に発生する事故後の費用の内、当方の保険会社が負担しない分については当方が実費負担するなどして誠意のある対応をするように。

というような内容の話をした後、「この人を罰しますか?」と相手方に質問をしました。

相手の方の回答は、②の内容を踏まえて「罰しないが発生する費用の全額負担を条件としたい」ということでした。
私としては自分の過失が大きいことは承知していますが、この場で全額負担を約束するのはよくないと思い、「この場で約束はできませんが誠意ある対応をします」としか回答できませんでしたが、その場では、ひとまず罰しないという結論が出ました。

ここで質問なのですが、
この警察官が言うように、物損事故の場合は加害者への処分を問う決定権が被害者にあるというのは事実でしょうか?

またこうしたケースの交通事故で、警察官が加害者側が費用を全額負担するように誘導することが一般的にあるのでしょうか?

皆様のご意見をお聞かせ下さい。

補足ご回答ありがとうございます。

①については人身事故に切り替えるということではなく、物損事故で処理をした上で処分を課すかどうか決定できるという説明で、「物損で処理しましょう」となった後での「この人を罰しますか?」という会話の流れでした。

負担の割合や処分が科されることも心配の種ですが、このような話は聞いたことがなかったので質問させて頂きました。

引き続き、何かございましたらご意見お聞かせ下さい。

閲覧数:
7,059
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yuuji0804jpさん

編集あり2011/9/1615:25:35

その警察官は完全に民事不介入の一線を越えているように見えますね。

>物損事故の場合は加害者への処分を問う決定権が被害者にあるというのは事実でしょうか?

嘘です。診断書を後から提出して人身に切り替えるというのを決定権というならそうとも言えますが。


>またこうしたケースの交通事故で、警察官が加害者側が費用を全額負担するように誘導することが一般的にあるのでしょうか?

ないです。民事不介入なので後は当事者間で話し合うようにと言っておしまいです。今までかなり多く事故現場に立ち会ったけど、そういう警察官はいなかったですね。相手ってきれいな女の子だったとか?

ちなみに仰る状況で人身に切り替わった場合、点数は4点か5点、罰金はなしでしょう。

あと、今回の事故状況で100対0に必ずならないというのは間違いです。基本過失割合があり、マイナスの修正要素が質問者さんのほうにあれば足していって100対0もありえます。
たとえば下記のような場合http://www.matsui-sr.com/gousei/c-kasitu3-9.htm

質問した人からのコメント

2011/9/24 01:00:11

ご回答ありがとうございました。
罰則を盾にされて示談交渉が進むことを心配していましたが少し安心しました。

全部で3件の回答を頂き、質問内容に対しては全て同様の見解でしたが、yuuji0804jpさんをベストアンサーに選ばせて頂きました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/9/1618:12:31

なんだかよく分からない警官ですね。

そもそも物損事故なら行政処分も刑事処分も加害者には課されません。①は完全にウソです。

②も警察は民事不介入なのに勝手なことを言いすぎです。大体10:0でないのに10割あなたが補償するというなら示談そのものが成立しません。保険会社の指示に従ってください。

相手に「この人を罰しますか?」と聞くのも人身事故の実況検分です。
それに真面目に答えている被害者の方も気の毒ですよ。

mokeyama706さん

2011/9/1614:56:28

この場合は、明らかに警察官の越権行為であると思います。

こう言う状況で「賠償問題について論じる」ことは民事不介入の原則に反しています。

要は、相手にも若干の過失が発生するけども、全面的に賠償してやれば相手は人身にしないで、円満解決になるよ、と言ってるのです。

これは、警察官が、その相手が人身事故にすると言って診断書を持ってくると、実況見分見調書を作成したり、供述調書を作成し、検察庁に送致する手続きをとらければならず、結構な手間が掛かる事を嫌がっているとしか思えません。

それで、できれば当事者示談で丸く収めて欲しいと言うことなのでしょう。

でも、実際に人身事故になりますと、点数は5~6点取られ、6点だと最低免停30日、

罰金7~10万位。おまけに免停講習を1日びっしり受けなければなりませんから、

貴方が保険を使って、差額が出るとその負担金等を量りに掛けても悪い条件ではないのかな?(保険会社が90%しか認めません、となると残りの10%を個人負担すると言うことです。)

もしかしたら、親切心で言ってくれたのかなとも思いますけどね・・・

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。