ここから本文です

湿疹?が治りません。自分の足が嫌いです((+_+))写真有り

hdf********さん

2011/9/1802:16:49

湿疹?が治りません。自分の足が嫌いです((+_+))写真有り

一年前に田舎の川で大量に虫に刺され、それからずっと痒みがあります。

ずっとオロナイン軟膏を塗っていたのですが、一向に良くならないので、
3か月前くらいに皮膚科に行きました。


「虫さされが湿疹になっている」みたいなことを言われました。

そのときの診察で軟膏と飲み薬(痒み止め)を処方してもらったのですが、
あまり良くなっているとは思えません。

むしろまた増えたような気がします。

布団やカーペットのダニなどにやられているのでしょうか?

周りから色々と言われるので、洋服も足が隠れるようなものしか着れなくて、
最近辛くなってきました(:_;)

もういちど同じ皮膚科の先生に診てもらうべきでしょうか?

赤みがあり、ぷくっと盛り上がっているような感じです。

写真に写ってあるところに特に集中していて、足全体に出ているわけではないです。

顔などには出ていません。

虫刺され,オロナイン軟膏,皮膚科,痒み止め,湿疹,ステロイド外用剤,塗り薬

閲覧数:
1,579
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dax********さん

2011/9/1802:35:16

オロナインでは治りません。湿疹・皮膚炎になってしまった際に、使用する薬には、主に塗り薬、飲み薬の2種類があります。まず、ほとんどのケースでは、最初に塗り薬を使用します。塗り薬は局所的に作用するので全身への作用を気にせず、手軽に利用出来ます塗り薬には、主にステロイド外用剤、非ステロイド性抗炎症外用剤(以下、非ステロイド剤と省略)があります。症状がひどい場合や薬が効きにくい部位はステロイド外用剤を使用し、症状が軽い場合や患部が広範囲の場合、肌が敏感な部分に使用する際には非ステロイド剤を使用するなど、症状、疾患部位などによって使い分けます。最近では、症状が比較的軽い場合でも悪化防止のために、ステロイド外用剤を早い段階で使うケースが増えてきています。
ステロイド外用剤での治療。身近な皮膚トラブルにステロイド外用剤の的確な使用を
ステロイド外用剤は湿疹・皮膚炎以外にも、かぶれ、虫さされ、しもやけ、あせも、ただれ等、身近な皮膚トラブルで使用できます。
ステロイド外用剤は炎症が起こる流れの根本の部分をくい止めるので、速やかに効果を発揮しやすく、強い抗炎症作用を示します。その結果として、かゆみの抑制に役立ちます。患者さんの中には、ステロイド外用剤の治療に対して副作用を気にして使用を避けたいという方もいます。しかし問題を抱えている症状に対して効果の弱い薬を使用し続けても症状の改善が見られず、悪化や長期化を招くことが多いです。さらに患者さんによっては、治療に時間がかかることにより、黒ずんだ痕が残ってしまう事もあります。なので、悪化防止のためには、「ステロイド外用剤使用の的確な見極め」が、重要となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2011/9/1802:56:16

ここまで来ると、皮膚科の専門医にもう一度診察してもらう必要があります。患部の写真を見る限り、その部分限定でステロイドの最強クラスを短期間使ったほうがきれいに治りそうですね。

ちなみにオロナインは「クロルヘキシジン」という消毒薬であり、虫刺されにはまったく効果がありません。今の状態はややもすると固くなって「痒疹」というものになりかねませんので、薬を怖がらずに思い切った治療をする必要があります。どうせ外用薬なので、内服薬のような重大な副作用はありませんからご安心ください。

あとは、草むらとかに入るときには必ず長袖、長ズボン(できればジーンズのような厚手のほうが虫には刺されません)等自己防衛をしてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる