ここから本文です

斎藤隆夫さんについての情報をください!

kum********さん

2011/9/1913:41:13

斎藤隆夫さんについての情報をください!

斎藤隆夫さんの

・生い立ち、功績
・人物相関
・主要エピソード、それに対する斎藤隆夫の視点(動機のようなもの)と一般的な視点

の情報が欲しいです!

よろしくお願いしますm(_ _)m

閲覧数:
335
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

his********さん

2011/9/1914:43:26

斎藤 隆夫は明治3年8月18日~昭和24年10月7日)の政治家です。
東京専門学校(現早稲田大学)から弁護士になり、その後アメリカのエール大学に留学しています。

留学から帰国後、1912年(明治45年・大正元年)に立憲国民党より総選挙に出馬、初当選し、戦前は、反ファシズムの書籍を出したり卓越した弁舌・演説力を武器にたびたび帝国議会で演説を行って満州事変後の軍部の政治介入、軍部におもねる政治家を徹底批判するなど立憲政治家として軍部に抵抗しています。
そのため、昭和15年に軍部や親軍派の議員から嫌われ、衆議院議員を除名されましたが、その後17年の総選挙で軍や政府の妨害にあいながらも当選した反骨政治家として知られています。

戦後も衆議院議員を続け、昭和23年当時の自由党は総務会長であったが、当時GHQ民政局から吉田総裁の更迭を求める指示にも反対の態度を取ったと小説「吉田学校」に記されています。

彼は憲政擁護の意思を持ち、それを得意の演説力で堂々と主張して政治家でした。
政策は「議会中心主義」・「人種・貧富の差の解消」・「国際正義に基づく協調主義」・「国民の自由の擁護」などで特に都市の中産階級に支持されていたようです。

所属政党は戦前は憲政会系で非政友会でした。
大隈重信・濱口雄幸・若槻禮次郎・山本達雄・安達謙蔵・町田忠治・小泉又次郎(小泉元首相の祖父)などと交流があったようです。

小柄で「ネズミの殿様」とあだ名されていました。

追分を歌うのを得意としていたようですが、大変な音痴で、ある宴席で彼の追分を聞いていた人が笑い過ぎて医者を呼ぶ羽目になってしまい、それ以降彼の追分は「殺人追分」と呼ばれるように立ってしまったと西武グループの総帥で衆議院議員だった堤康次郎が自著の中で回顧しています。

質問した人からのコメント

2011/9/21 20:20:39

ありがたいです、

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる