ここから本文です

簿記3級に関する質問です。以下表現についての科目の判断について教えて下さい。 ...

tak********さん

2011/9/2123:03:16

簿記3級に関する質問です。以下表現についての科目の判断について教えて下さい。
「商品○○円を売上、・・・、残額は月末に受け取ることにした」という内容です。

この場合、回答として借方に「売掛金」という科目で仕訳されていました。
売掛金というのは、1~2ヵ月後でなければ回収出来ないのでないのでしょうか?
この場合、「月末に・・・」という表現から「今月」だと思うのですが「現金」もしくは「受取手形」ではないと判断して、「売掛金」と判断するのでしょうか?

また実際、今月の売上の受け取りを売掛金で即支払われるというケースはあるのでしょうか?

私は、売掛金の場合には、例えば3月中に売上が発生したら、最低でも4月末又は5月末と思っていたのですが、3月末に支払われるということがあると判断して宜しいのでしょうか?

詳しい方、教えて頂ければと思います。

閲覧数:
160
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_d********さん

編集あり2011/9/2322:47:26

「売掛金」(または「買掛金」)というのは、簿記の勘定科目で考えると分かりにくいのですが
簡単に言うと「掛」というのは「ツケ」のことです

わかりやすいたとえ話をすると、よく飲み屋なんかで
「ママ、お勘定ツケといてー(^.^)」って言いますよね

あのツケかいわゆる「掛」ってやつなんですね

で、「ツケといて」って言ったほうはつまり簿記で言うところの「買掛金」
「ツケにした」ほうは「売掛金」になります

で、ドラマなんかでもよくありますが
よくスナックのママとかが、常連さんに

「ねえ、こないだのツケ、いつ払ってくれるのよぉ。もう3ヶ月もたまってるのよ」って言ってますよね?
で、言われたほうは「わかってるって、ママ」

とかなんとかっていうやり取りがあります

つまり、この「ツケ」は客が払わない限り
ずーっと「ツケ」なんです

払ってもらって初めてそのお客の「ツケ」は消えます


それとまったく同じで、買掛金も売掛金も
買掛金がある場合にはそれを支払ってもらったとき
売掛金は回収できたとき

それがなくなるので、それまでは時間がどれだけ経過しても
何らかの形で決済されなければ、ずっと残ったまま、消えることはありません。

<追記>

簿記の問題上では、あくまでも月末受け取りとなっています。ですがこれはあくまでも
「売掛金」という結論を導き出すためのものであり、現金や手形でないから売掛金ではないのです

そもそも先ほども説明しましたが、「売掛金」という支払方法はありません。
支払方法はいくつかありますが、「当座預金」か「現金」「受取手形」などが主です

簿記は、基本的には、すべての取引は現金引き換えというのが原則になっているので
その辺考えるといいかな、と思います。

その時、現金引き換え(つまり、現金即払い)で売り上げたのではなく
売り上げた相手が、売上代金の一部しかお金を持っていなくて
たまたま、残りをツケにしただけの話なのです。

月末受取、とあれば=「ツケ」
それが商品売上だったら「売掛金」

という解釈でいいと思います。

この売掛金の回収については、実務されたらわかるかとは思いますが
簿記上の売掛金回収の時期については、そこまで深く考える必要はありません

なぜなら、そういう問題は出てこないからです
出たとしても、「売掛金を回収した」としか出てこないので…

質問した人からのコメント

2011/9/28 12:00:30

ありがとうございます。

Yahoo!しごと検索で探してみよう

簿記 取手の求人情報(5件)

【事務・オフィスワーク】(1)大学事務・学校事務 (2)経理...
  • 株式会社スタッフサービス
  • 派遣
  • 時給1,100円〜
  • 茨城県取手市
an(アン)
ピタッと17時帰り税理士事務所/書類作成など
  • 株式会社スタッフサービス 水戸登録センター
  • 派遣
  • 時給1,200円〜
  • 茨城県取手市
求人アスコム
在庫管理 登録制 時給1100円~ 商品在庫や入出荷のデータ...
  • スタッフサービス
  • 派遣
  • 時給1,100円〜
  • 茨城県取手市
マイナビバイト
【守谷駅】【派遣】経理事務 未経験OK*ピタッと17時...
  • 企業名非公開
  • 派遣
  • 時給1,200円〜
  • 茨城県取手市
スタッフサービスグループ
守谷駅/経理事務 / サービス関連
  • 株式会社スタッフサービス オー人事net
  • 派遣
  • 時給1,200円〜
  • 茨城県取手市
オー人事.net

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

luc********さん

2011/9/2221:37:37

商品と引き換えに現金を受け取らないのであれば、借方は
「現金」にはなりませんよ。

受取手形も同様です。

売掛金をいつ回収できるかということですが、それは得意先の
「支払条件」によります。
(基本的には払う側の条件によります)

会社によって「月末締め翌月末払い」とか、「20日締め翌月
10日払い」とか、色々な条件があります。

この場合の「締め」というのは、請求書の締めです。
月末締めの会社に請求書を送るのなら、月末までに送らない
といけません。
(稀に「締日から〇日以内に請求書が届けばいい」とかいうところ
もあります)
締日に間に合わなければ、払ってもらうのが1ヶ月遅くなります
から、資金繰りの厳しい会社にとっては死活問題です。

支払う側の会社は、請求書が届いたら、それを元に支払の処理
(振込みなど)をします。

大手の会社ほど、支払条件がきっちり決まっていますので、入金
予定日が読みやすいです。

支払条件があやふやな会社だと、3ヶ月4ヶ月待たされるというこ
とも有り得ます。
かと思うと請求書を出したらすぐに払ってくれるところもあります。

主さんのおっしゃるように、3月に納品して3月中に払ってもらう
ということも、稀にではありますが、ありましたよ。

余談ですが、私が勤めている会社は自転車操業なので、
売掛金の回収に際して「入金予定日を読む」というのが重要に
なってきます。

mai********さん

2011/9/2205:09:45

上の方のおっしゃる通り、代金の回収期間は関係ありません。

売上計上時の相手(借方)科目は、基本的に「現金で売り上げた」「…売り上げ、手形を受け取った」等の指示がない限り、「売掛金」と覚えてしまってください。

まず前提として、企業は個人と違って毎月数え切れない程の取引をしているということをイメージしてください。

例えば、今月に得意先Aと100件の取引があったとしましょう。
取引の度にいちいち現金のやりとりを(2、3件ならまだしも、計100回も)していたのでは、こちらとしても得意先Aとしても非常に煩わしいですよね。
また、口座から現金を下ろして持ち歩くことには、盗難や紛失などのリスクがちらつくことも意識しなくてはなりません。

そういった一連のことを踏まえて整理してみると、しょっちゅう取引のある馴染みの得意先等に対しては、代金を取引毎に受け取っても毎月(毎週など)まとめて受け取っても同じことですから、企業の取引は自然と掛中心になっていくのが分かりますよね。

だから、売上の相手勘定は基本的に「売掛金」となるのです。

蛇足ですが、これと全く同じ理由で、商品仕入時における「仕入」勘定の相手(貸方)科目も、特に指示がなければ「買掛金」となりますので、これも覚えてしまってください。

hol********さん

編集あり2011/9/2123:39:54

売掛金は、たとえば1週間後だろうと、明日だろうと、

商品を売って、その時に現金や手形を貰わなかったら、

売掛金になると思っていいです。

1~2カ月後と決まってるものではないです。

>今月の売上の受け取りを売掛金で即支払われるというケースはあるのでしょうか?

たとえば20日締めの末払ってのもあります。

たとえば、1日の売上が細かく、毎度払うのが面倒だからと、月末に1月分まとめて払うってこともあります。

そこは、固定して考えない方がいいです。

実際に仕訳する時のことを考えてみてください。

たとえば、商品を売って、現金も手形も貰ってなかった場合、

借方に売上が入り、相手は何になりますか?

売掛金以外が思いつかないかと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる