ここから本文です

脱原発の方へ:放射性セシウム黄砂に乗って…1日あたりでは福島原発事故後の71倍だ...

faf********さん

2011/9/2210:09:35

脱原発の方へ:放射性セシウム黄砂に乗って…1日あたりでは福島原発事故後の71倍だが「人体に影響なし」 石川県保健環境センター調査

2011年07月06日 16:00
大陸由来のセシウムが黄砂とともに日本に運ばれ、
春先の石川県内にも降下していることが、
5日までの石川県保健環境センターの調査で分かった。
検出されたセシウムは微量で、1980年代以前の核実験で発生したと考えられる。
実験から30年以上が経過していることから、専門家は「健康への影響は極めて小さい」
としている。

県保健環境センターは2009(平成21)年4月から10年3月にかけ、
金沢市太陽が丘の同センター屋上で10日ごとに降下物を採取、
濃縮乾燥した上で半導体検出器を使い
セシウム137の量を測定した。
調査期間中に計8回検出されたセシウムの総量は、
1平方メートル当たり0.67ベクレルだった。
このうち約70%に当たる0.46ベクレルは、
金沢市内で大規模な黄砂が観測された
10年3月21日を含む4日間に検出された。

4日間の数値を人体が浴びる放射線量に換算すると、
1日当たり0.000925マイクロ
シーベルトでエックス線検査1回分の放射線量の約6万4800分の1となる。
東日本大震災による福島第一原発事故に伴い、
県内で3月21日~4月4日に確認されたセシウムと比較すると、
1日当たりでは約71倍に当たる。

金大低レベル放射能実験施設センター長の山本政儀教授によると
、黄砂で運ばれてくるセシウムは、アメリカや旧ソ連が80年以前に実施した
大気圏内核実験で発生したと推定される。
山本教授は、中国やモンゴルの土壌に含まれるセシウムが砂漠化の進行で黄砂とともに
飛来しているとし、「半減期である30年以上が経過しており、直接健康に影響を与える
可能性は極めて小さい」と話す。

黄砂にはセシウム以外に硫黄、窒素酸化物など大気汚染物質が含まれており、
県保健環境センターは「セシウムをはじめさまざまな物質で長期的なデータを集めていきたい」
としている。

ソース:北國新聞
http://www.hokkoku.co.jp/subpage/HT20110706401.htm

中国に抗議しないんですか?

セシウム,黄砂,石川県保健環境センター,金沢市太陽が丘,半導体検出器,原発至近距離,福島市

閲覧数:
702
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aso********さん

2011/9/2216:55:37

これが原発至近距離といわず、せめて福島市とかだったらビックリですけどね。石川県じゃねえ・・・そもそも、福島第一原発事故後にほとんどセシウム降ってないでしょう。
でも抗議してもいいと思いますよ。とんでもないことです。さんざ核実験やった末に、他国にまで迷惑かけるなんて。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる