ここから本文です

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の類似点と相違点はなんですか?もとをたどると...

hos********さん

2011/9/2615:02:23

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の類似点と相違点はなんですか?もとをたどると同じ神に回帰すると聞きますが、なぜあんなに対立しているのでしょうか?

閲覧数:
8,078
回答数:
7
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

zgf********さん

2011/9/2617:17:36

紀元前数千年、ユダヤ人の始祖アブラハムが神にすがり、その養子となります。当時の中近東にあった多神教と違い、この神は自分だけを神とすることを要求。後にモーゼの十戒の最初に「あなたは他の神を拝んではならない」と明文化され、唯一神信仰として成立。またこれで神と契約したことで、ユダヤ人は契約の民とよばれる。
その後、多くの国や民族の興亡がくりかえされるが、ユダヤ信仰は生き残り、同時にユダヤ人も存続する、推測するに、この神は極めて厳しい倫理観がその根底にあるため、政治的に支配されても、民族として生き残り、混血がすすまなかったため宗教面での混合が起きなかったせいと思われる。(例…日本では民族宗教の神道の後に仏教が到来。いつしか並立した珍しい例。スペンン人に侵略された中南米では旧来の宗教はすべて滅ぼされ、カソリックの支配地になった)
さて紀元1世紀初頭。ローマ支配下のユダヤの地にイエスが生まれ、一種の宗教改革を行うが旧支配層に受け入れられず、十字架につくことになる。弟子達はユダヤの地を離れ、ギリシャ・イタリアで布教を始めるが、ユダヤの地を離れたため、変質をはじめ、イエスを「神の子」とする派が出現。
同時にユダヤ人の独立運動が活発化…原因はローマ帝国統治のため、皇帝の神格化がすすみ、その像に礼拝することが求められたが、これはユダヤ人にとってその宗教上無理なことであった。これにより、ローマの弾圧を受けたユダヤ人の大離散(ディアスポラ)があじまり、20世紀のイスラエル建国というもんだいを有生む。また同時にユダヤの地は帝国によりパレスティナと改名。
ローマ帝国に浸透したキリスト教はローマ神教ととってかわりつつあった。4世紀にコンスタンティウス皇帝は堕落し信者を失ったローマ神教にかわり、勃興したキリスト教を帝国の精神的柱とすることを決意。ニケア会議を主宰、様々な宗旨を整理し、正統なキリスト教を確立・・・この時にはずされた教えが異端となる。結果、イエスは「神の子」と認定され、ユダヤ教とは完全に分離。ただ、旧約聖書を同じ聖典とするが、これまたニケア会議で決定したので、実際は経典外聖書とよばれるものが存在する。
またユダヤの民においては「タルムード」とよばれる太古から綿々と続き、今なお書き続けられている経典がある。
こうして、ユダヤ教とキリスト教は分離、その教えの鮮烈さゆえ、他宗教とも他民族とも同化することなくユダヤ人は流浪の旅を続けることとなった。
そして、イスラム…アラビア半島に生まれたマホメットは中年になって、年上の金持ち女性と結婚。余裕ができたのが、砂漠に出かけ、神よりの啓示を授かることになる。これがコーラン。
その神はユダヤの神であり、同時にキリスト教の神でもあると、マホメットは主張。特にイエスは「神の子ではなく、預言者の一人」と宣言。自らを最大最後の預言者と名乗り、ユダヤ人の改宗をはかるが、ユダヤ人からみれば、ユダヤ人でもないマホメットにそんなことを言われても、改宗するわけもなく、その土地を追い出されることになる。ただ、イスラムは中近東の人々にマッチしたのか、改宗者が増え、布教活動とも征服戦争ともつかない活動の結果、極めて短期間に中近東・北アフリカを征覇。ペルシアを飲み込み、東ローマ帝国を侵略・・・後に来るトルコ民族を改宗させることで、キリスト教と対立する勢力となる。
一方のキリスト教では、ローマ帝国と運命を共にし、東西ローマ帝国にわかれると、西はローマンカソリックになり東はギリシャ正教に分かれる。西ローマ帝国が滅びても、カソリックは健在でやがてくる西ヨーロッパ文明の母体となり、東ローマ帝国はイスラムに屈することになるが、信仰を保ったため、19-20世紀にかけ東ヨーロッパ特にバルカン半島は民族と宗教の混在する難治の地となり、現在もその影響を引きずっている。

相違点というと、ユダヤ教は長い時をとおして生まれた民族宗教。キリスト教はユダヤ教を母体とし、ローマ神教の影響下に変質した、わりと多神教的教義が残った宗教。
イスラムは前述の二つの宗教のいいとこどりをした宗教。ただ、7世紀のアラビア半島で多神教的社会から唯一神信仰にかえることで極めて厳格同時にきわめて高い道徳律を示したのだが、あいにく、7世紀の道徳律は現代社会にはマッチしていない。また民主主義という考え方と「神のもとでの平等」というのも似ているようで、まるで違う。
極論を言うと…原則的に自分の宗教だけが正しく、他の宗教は間違っているというのが三者の主張。ただし、その判断をするのは人間である以上…

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yellowfox002さん

2011/9/2810:26:41

宗教的には対立しないはずです。
相容れなければ対話にならないからです。
宗教的対立と紛争は別物です。
ただ、宗教は大義名分として語られます。
十字軍は強盗です。

tao********さん

2011/9/2807:09:16

思考パターンの違いです。外国人は、脳の論理思考なので一神教になりました。日本人は、情緒思考なので自然教です。脳の思考が作る神は、不自然です。理由はこの世界は、脳と自然が対立してるからです。だから脳の論理思考は、自然の情緒を排除します。つまり脳の思考は、神を排除します。だから宗教は、人間の作った人工的な神なので、対立の原因になります。だから本当の神は、脳の思考を休んだ時に現れます。座禅や瞑想や和風文化は、脳を休ませて、アルファ波にして、自然の情緒と交流します。これが神です。

all********さん

2011/9/2622:30:17

ユダヤ教→選民主義
メシアを待ちつつ律法を守る。イエズスはキリストではないと主張。(旧約)
キリスト教→イエズスの名によって洗礼を受ければいかなる人にも救いがある。キリストとして拝する。(新訳)
イスラム教→イスラム教に属する者のみに救いがある。イエズスは預言者ではあるがキリストではないとする。ムハンマドが受けた啓示クルアーンによって人は救われる。

ユダヤ教とキリスト教の違いは大きく分けたら1つです。イエズスがキリストであるかないかです。

ugi********さん

2011/9/2617:03:36

元が同じだから対立してしまうんです
もし相手の神(主張)を認めたら自分の神は邪教となってしまいます
相手が仏教のような根っこが違う宗教ならお互いに認め合って尊重しあう事も可能なんですがね

村雨良さん

2011/9/2615:25:48

キリスト教だって偶像崇拝NOだけど・・・・

元々この三大宗教は根は同じです「聖書(旧約)」が根幹にあります。同じ根から生じた別の枝のようなものです。

例えばイエスキリストの扱い。キリスト教では神の御子でメシアですが、ユダヤ教では認めてません、イスラムでは認めてはいますが、預言者の一人という解釈です。
ユダヤ教の神・ヤハウェは、キリスト教では受肉したイエスキリストの事であり、イスラムではアッラーです。同じ神ですが、解釈やら正当性やらで対立してます。

何故対立は教義(解釈)の違いもあれば、十字軍遠征による因縁もあります。これ以前はエルサレムで三つの宗教が共存してましたが、以降血生臭い歴史をたどりました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる