ここから本文です

オキシ水銀化ー還元法について。アルキンに酢酸水銀を反応させ、マーキュリニウム...

yuk********さん

2011/9/2817:44:27

オキシ水銀化ー還元法について。アルキンに酢酸水銀を反応させ、マーキュリニウムイオンを生成したのち、水が置換基の多い方の炭素を攻撃するのは何故でしょうか?置換基の多い方の炭素がδ+になっているからでしょ

うか?教えてください。

閲覧数:
870
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

app********さん

2011/9/2818:16:04

水銀橋かけ陽イオンというのが教科書に出て来ませんでしたでしょうか ?

その陽イオンの安定性 (多置換カルボカチオンがより安定) で一般的な教科書は説明されていると思います。

質問者様の最後の行は、この事を表しているのであれば考え方は正しいと思います。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる