ここから本文です

不動産登記法の過去問題集に関する質問です。平成14年19番の問題で、イ、教授...

hip********さん

2011/10/410:14:38

不動産登記法の過去問題集に関する質問です。平成14年19番の問題で、イ、教授登記義務者が登記権利者に対して
登記請求権を有する場合がありますか? 学生 はい、例えば、根抵当権者が所有権者に対して元本

の登記を請求する場合です。という問題があります。その解説に登記権利者たる根抵当権設定者が登記手続きに協力しない時には根抵当権者は、設定者に対して自己の登記請求権に基づき元本の確定請求が出来るとされている、と書いてありました。私の理解している範囲では、根抵当権設定者は登記権利者ではなく、登記義務者になるのではないかと考えているのですが、なぜ、根抵当権設定者が登記権利者になるのでしょうか?
どなたかわかる方がおりましたらご指導下さい。宜しくお願いいたします。

閲覧数:
94
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2011/10/410:49:55

まず登記権利者とはその登記によって利益を有する者であることは質問者様も御存知だと思います。

ではなぜ、根抵当権の元本確定の登記は根抵当権設定者の利益になるのかという質問ですよね?

そもそも元本確定とは,被担保債権が具体的に特定され、確定することをいいます。ゆえに元本確定後に被担保債権の範囲に含まれる債権が発生しても、その債権は根抵当権によって担保されなくなります。

そうすると設定者は根抵当権の枠支配の拘束から解放されて,担保される債権が確定しますので設定者に利益があるということができ,元本確定の登記においては登記権利者となります。

質問した人からのコメント

2011/10/4 20:03:20

回答を有難う御座います。良く理解出来ました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kaw********さん

2011/10/410:41:25

昭和46.10.4通達で、法務省の役人がそう決めたから。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる