ここから本文です

柔道家が打撃をもらわずに組み付くためには、どのようなことに気を付けたら良いで...

sat********さん

2011/10/1520:42:49

柔道家が打撃をもらわずに組み付くためには、どのようなことに気を付けたら良いでしょうか?

閲覧数:
106
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cat********さん

2011/10/1603:59:43

喧嘩に使う為に聞いてるのではないと信じつつ。

空手をやっています。
逆にこうされたら嫌だなという立場から。
蹴りも届かない離れた間合いから、思い切りタックルされたら嫌です。
脚にタックルすると、ヘタすると膝を合わされるので、胴体にタックルするのがいいと思います。

頭からこられたら顔面も殴れませんし、一番対処が難しいですね。
中間距離が一番得意ですし、接近しても意外と肘や頭を使えますが、離れた所からのタックルは困ります。
ですから一番脅威なのは、他の格闘技の攻撃よりも、大柄なラグビー選手のぶちかましですね(笑)。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

roa********さん

2011/10/1609:13:44

自分もcatan720さんの意見とほぼ同じです。
間合いを計られてどうこうってより胴体目掛けて思いっきり突進されるのが一番厄介だと感じます。

for********さん

2011/10/1603:20:27

喧嘩なら、始める間合いを始めから狭くしておく。
ぶっちゃけ、胸倉を掴んだ状態から始めても良いと思います。
其処に持っていける交渉術が大事です。

sr5********さん

編集あり2011/10/1609:50:14

アタリますよ。特に顔面に。蹴りで間合いを取られても、捕る根性でしょう。
余程の格差が無い限り簡単では無いでしょう。相手も捕まれたくないですからね。
インターハイベスト8、三段柔道と、空手か日拳(所属、段位は不明)の両徒種格闘訓練隊(特選隊)の試合を見ましたが、立ち技系統に接近するには、剛法を体得しないと(なかなか染み付かないはず)。だから肘を使って、顔面のガードを固めて間合いを狭めないと。
空手系等にも腰投げや、足払いを訓練している所は厄介ですよ!
剛柔一体と言って、両方こなせないとなかなか・・・。
柔道をもう少し有意義(就職の為に。)にやったらどうですか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる