ここから本文です

条約について質問です。 条約が憲法よりも優先することはあるんですか?

tru********さん

2011/10/1622:17:04

条約について質問です。

条約が憲法よりも優先することはあるんですか?

閲覧数:
882
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

abc********さん

2011/10/1622:30:24

○条約が憲法よりも優先することはあるんですか?

●学問上は、条約は憲法よりも優先しています。
だからこそ、国会議員は条約の承認に当たって、特に慎重でなければならないのです。

質問した人からのコメント

2011/10/22 18:02:02

笑う ありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

編集あり2011/10/1702:21:29

憲法と条約の優劣関係については、憲法が条約に優位すると考えるのが一般的(憲法優位説)と憲法の学習書に記載がありました。その理由は、①条約が優位だとすると内容的に憲法に反する条約が締結された場合、法律よりも簡易な手続きで成立する条約によって憲法が改変されるおそれがあり、国民主権ないし、硬性憲法建前に反することになり、②98条2項の規定から当然に条約優位説が導かれないことなどが挙げられます。

私見ですが、憲法は日本においては最高法規であり、それに反する法令、詔勅は効力を有さず(憲法98条)、その法律判断をする際の、違憲審査権は裁判所にあり、憲法に適合しているかどうかの判断をします。
憲法が正しいとか、間違っているとかの判断はできません。憲法に適合しているかどうかの判断です。
一方、条約においては、一見きわめて明白に違憲無効な場合は、司法審査権が及ぶことを判例(最大判昭34.12.16)でも示しており、やはり憲法の下位と捉えているように感じます。

しかし、あくまでも優劣関係には争いがあり、明確には判断できません。

補足
①については、憲法の改正は、国会の両議員において、それぞれ総議員の3分の2以上の賛成で、憲法改正を発議し、国民帳票に付し、過半数の同意で憲法改正がなされますが、ほとんど、改正はむつかしいので硬性憲法と呼ばれています。今まで一回も改正もなされたことがありません。
一方、条約の批准については、国会において、出席議員の過半数で決することになり、憲法より上位なら、改正が安易にお粉なわれる可能性があると言うことです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる