ここから本文です

パートの生命保険控除について(無知な質問です。)

hd3********さん

2011/10/1814:16:18

パートの生命保険控除について(無知な質問です。)

結婚してパートを103万以内でしています。

年末調整の生命保険控除はパートでも申請したら控除が受けられるのですか?
所得税は103万だと払ってないですよね。住民税も4000円くらいだと思います。

主人の方の申請は主人名義のものだけでいいということでしょうか?

また年間10万以上生命保険を払っていたら5万控除ということは5万12月にプラスになるということですか?
控除の意味が良くわかりません。


すみませんが簡単に教えてください。

補足皆さまありがとうございます。
いろいろ勘違いしていた部分もあり、分かりやすく説明いただき少し理解できました。

皆さまの回答を読んで少しずつ理解できたので今回は投票できめたいと思いますのでご了承ください。

閲覧数:
16,392
回答数:
5
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ham********さん

2011/10/1814:44:04

給与所得について
103万までは非課税です
なので 給料から所得税が天引きされていれば年末調整で戻ります。
天引きについて
扶養の申告書を出しているとき 8万8千円までは徴収されません
出していないとき 3%が源泉徴収されます。

所得控除
現在は最大で5万円ですが。
税金を計算するときのその額から5万円を引いて税金を計算するということです。

103万以内なら所得税の支払いはないですから申告しても意味ないですが
住民税の所得割には有効ですから申告していても良いかと思います。


住民税の基礎控除は35万か33万(自治体により違うのでそれは自治体のホームページを確認してください)
均等割りは年間4千かかるかもしれませんが。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

akk********さん

2011/10/1814:42:05

103万円だとかえって判りにくいので、まず110万円の給与収入で説明します。

給与収入が110万円だと、給与所得控除65万円を引いて給与所得が45万円になります。

所得45万円から基礎控除38万円を引いて、課税される所得は7万円になります。

もしも生命保険料を年間10万円以上払っていたら、生命保険料控除5万円を使えるので、7万円から5万円を引いて課税される所得が2万円に減ります。
税率は5%なので、生命保険料控除5万円を使った結果、所得税を2,500円、節税出来ることになります。
住民税の所得割の税率は一律10%なのですが、住民税の生命保険料控除は上限が35,000円なので、3,500円の節税になります。


給与収入が103万円ぽっきりだとすると、給与所得は38万円、基礎控除だけで課税所得がゼロになり、所得税は非課税です。

翌年度の住民税は、給与収入が103万円あれば均等割の4,000円だけという事はないでしょう。
給与所得38万円から住民税の基礎控除33万円を引いて課税所得が5万円ありますから、生命保険料控除を使う余地がありますね。
ただ、年収が103万円以下のパートさんが生命保険料控除証明書を提出しても、事務担当の人が所得税のことしか考えていないと、保険料控除について入力してくれない可能性があります。
年末調整のあとに交付される源泉徴収票を見て、生命保険料控除の欄が空白になっていたら、やり直しを要求するか、あるいは生命保険料控除証明書を返してもらい、自分で住民税の申告をしましょう。

jog********さん

2011/10/1814:32:38

>年末調整の生命保険控除はパートでも申請したら控除が受けられるのですか?

はい。会社から年末調整の紙をもらい、必要書類を添付して自分で計算して会社へ渡しましょう。


>主人の方の申請は主人名義のものだけでいいということでしょうか?

生計が同一で実際に自分が払っているのならば他人名義でもOKですが、一人10万までしか意味がありません。

>また年間10万以上生命保険を払っていたら5万控除ということは5万12月にプラスになるということですか?

何がプラス?
控除額がプラスです。
税金=(所得-控除)×税率、で計算します。
この控除額が多くなります。給与額(還付額)が5万多くなるのではありません。

koo********さん

編集あり2011/10/1814:32:47

103万以下の場合は税金の負担が元々ありませんので、生保の控除をしても意味がありません。
また、ご主人の方の控除で10万分の保険料の領収書を提出したら、5万円分の控除があるということであって、5万円の税金が返ってくるということではありません。いくら返ってくるかはご主人の所得税率よって異なります。10%なら5千円、20%なら1万円の税金が安くなるということです。
返ってくる税金は年末調整の時に提出したのであれば、12月分か1月分の給与でまとめて還付となります。

ets********さん

2011/10/1814:30:34

所得税を払っている人に、控除が有ります。

一円も支払っている場合は、還付される税金は有りません。

住民税も103万以内なら払う金額は無いと思います。

一時的に税金を支払っているのなら、還付されます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる