ここから本文です

パートの生命保険控除について(無知な質問です)

hd33505253さん

2011/10/1814:26:17

パートの生命保険控除について(無知な質問です)

パートの生命保険控除について(無知な質問です。)

結婚してパートを103万以内でしています。

年末調整の生命保険控除はパートでも申請したら控除が受けられるのですか?
所得税は103万だと払ってないですよね。住民税も4000円くらいだと思います。

主人の方の申請は主人名義のものだけでいいということでしょうか?

また年間10万以上生命保険を払っていたら5万控除ということは5万12月にプラスになるということですか?
控除の意味が良くわかりません。


すみませんが簡単に教えてください。

補足ようやく意味が少し分かりました。税金って難しいですね。

皆さま簡単に教えていただいて理解を深めることができたので投票にしようとおもいます。

ありがとうございました。

閲覧数:
111,195
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jsbgm373さん

2011/10/1816:57:56

パートの年収が103万円以下であれば、所得税の計算では税額が0円となるため、生命保険料控除を申請しても税額に影響はありません。

しかし、住民税では違いが生じてきます。
所得税は基礎控除が38万円と規定されていますが、住民税の基礎控除は33万円です。(対応する税法が違うため、控除額に差があります)

仮に年収が103万円ちょうどだとすると、一般的な市町村であれば住民税は年額7000円程度ですが、年末調整で生命保険料控除(保険料10万円超)を申請しておけば、年額4500円程度になりますよ。

なお、生命保険料控除は申告者1人につき、一般分で保険料10万円、個人年金分で保険料10万円あれば控除限度額に達し、それ以上いくら申請しても控除額が増えることはありません。

また、控除額はそのまま税額に反映しないので、税率10%の方であれば5万円控除で5千円の効果ということになりますよ。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「パート 保険料控除」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nsakae1さん

編集あり2011/10/1815:17:13

パートの103万円以下の場合
納付税額がないので控除しても税金はもどりません。

貴方が夫の扶養として103万円以下の給与収入の場合は
配偶者控除の対象なので、
あなたの名義の生命保険控除証明書であっても
夫の生命保険控除に含めて控除を受けることが可能です。

5万円の控除というのは
課税する所得金額が5万円引かれるということです。

所得税率が10%の方は
5万×10%=5千円が適用前の所得税より低くなるということになります。

年末調整においてこの生命保険料控除を適用すると12月の源泉徴収される
所得税において調整され、適用前の所得税額よりも5千円が低くなります。

貴方の生命保険控除証明書は
夫の会社が給与の年末調整をするときに一緒に提出してください。

2011/10/1815:11:13

所得税は最終的に
「①課税所得額×②所得税率」
で求められます。

「生命保険料控除」とは①の課税所得から控除(マイナス)して所得税を安くしようというものです。

ですから、元々課税所得が0で所得税が発生しない質問者様が控除を受けても意味がありません。

生命保険料控除は実際に支払った本人(通常は契約者)が受けられます。
契約者に所得が無いなどのため、配偶者が実際にその保険料を支払っていることが明らかな場合は配偶者の所得から控除する事もできます。
ですが、今回は質問者様に収入があるので、ご主人が控除することはできません。
質問者様に収入が無ければご主人が控除を受けられます。

尚、冒頭の計算式により
>5万控除ということは5万12月にプラスになるということですか?
ではなく、
「5万円×所得税率 の所得税(年額)が安くなる」
ということです。
その他諸々の過不足を精算するのが年末調整であり、確定申告です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。