ここから本文です

サリチル酸メチルのNaOHを用いた加水分解反応でメタノールの濃度を分光光度法で測...

ajp********さん

2011/10/2715:43:11

サリチル酸メチルのNaOHを用いた加水分解反応でメタノールの濃度を分光光度法で測定するのが困難なのは何故ですか?;;
また測定するにはどんな方法が考えられますか?
お願いします(>_<

)

閲覧数:
1,450
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

elp********さん

2011/10/2721:01:40

メタノールは200nm付近に吸収がありますが、
加水分解で得られたサリチル酸の吸収も200nmでは重なってしまうため、
測定が困難なのです。
サリチル酸なら、260nm付近の吸収が見れるかもしれませんが。

測定は、測定波長を考えると、HPLCよりガスクロマトグラフが適していると考えられます。

質問した人からのコメント

2011/10/30 22:17:17

成功 なるほど!
ありがとうございますm(__)m

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tm0********さん

2011/10/2717:18:36

メタノールは、分光光度計で一般的に測定できる紫外部~可視部波長(180nm~長波長)の光を吸収しません。
反応進行を確認するには、HPLCでサリチル酸の生成を測定するか、ガスクロでメタノールの生成を測定するとかでしょう。
メタノールにターゲットを絞って測定するならガスクロが最適です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる