ここから本文です

伯備線布原駅の利用者はたまに誰もいない時があるというのは本当なのでしょうか?

adg********さん

2011/10/3105:20:59

伯備線布原駅の利用者はたまに誰もいない時があるというのは本当なのでしょうか?

この質問は、60代の女性に回答をリクエストしました。

閲覧数:
213
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qvi********さん

2011/10/3110:12:01

「たまに誰もいない」というよりも
「ほとんど誰もいない、いても数えるほど」
と言う方が適切でしょう。

質問した人からのコメント

2011/11/6 16:07:34

驚く そんなに少ないのですか!!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

twi********さん

2011/10/3111:15:13

布原駅の1日平均の利用者数はここ数年0人~1人で推移していて、10年程前でも2人程度でした。
ですので、「たまに誰もいない」ではなく、「時々いる」「いるほうが珍しい」という感じでしょう。

布原駅は元々は信号場として設置され、JRに移行する際に駅に昇格したものです。
今よりも沿線人口が多かったであろう国鉄時代ですら駅にならなかった訳ですから、利用者数も判ろうというものです。
また、国鉄時代も伯備線の列車は全列車通過、芸備線の単行列車のみ停車、という今と変わらない状況でしたから、その当時から利用者数は少なかったわけです。

ちなみに、布原駅(布原信号場)の乗降者数が一番多かったのは1970年代初頭です。
この当時、布原信号場は伯備線を走るD51の一大撮影地点でして、「布原信号場のD51三重連」というのは当時のSLファンでは知らない人はいないほどの有名撮影地でした。

そして、奮闘するD51の姿を写真に納めるべく、多くのSLファンが布原信号場を利用していたのです(前述したように芸備線の単行列車しか停車しないので、三重連を撮影するのに好適な朝の新見発の列車は通勤列車のような混雑を呈していたそうな)。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる