ここから本文です

武蔵と小次郎の決闘は本当にあったのですか?

coo********さん

2011/11/112:42:00

武蔵と小次郎の決闘は本当にあったのですか?

閲覧数:
1,759
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sem********さん

2011/11/119:00:21

映画や小説のようなものではなかったにしろ
実際に決闘はあったようです

決闘の行われた島は当時名前が無かったようですが
「佐々木巌流」が敗死したことを悼んだ付近の住民が
いつしか”巌流島”と呼ぶようになったようです
(つまり、決闘した時には”巌流島”という名前はまだ
どこにも存在していなかった)
つまり
「実際の決闘があった可能性」は高いと言えます
(ちなみに現代でも巌流島はありますが
岸から2m程度海を隔てたところにあります…
って近w
とても船で行くようなところではありませんw)

佐々木小次郎も、老人説から、武蔵と同年代や
武蔵よりも若かった説まで多種多様で
確定していません
(ほぼ同年代、やや小次郎が年上…説が有力な
ようです)

ただ
細川家家老の公式な記録に「決闘そのものはあった」
とされていますので
決闘自体が創作…ということはないでしょう

興味深いのは
「そもそも、双方(小次郎と武蔵)の門弟同士が
”どちらの師匠が強いのか”の言い合い(喧嘩?)
になったこと」
が、この決闘の発端となったということと

武蔵は小次郎の命までは奪わなかった…が
武蔵が立ち去った後に門弟が出てきて寄って
たかって打ち殺したこと

その後、逆に武蔵は小次郎の門弟に命を狙われ
る羽目になって助けを請うた事…

などが書かれています

こっちの方が「人間臭い」感じはしますが…
(別に映画や小説が悪いわけではないです)

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

san********さん

2011/11/309:25:59

ありました。巌流島の決闘と呼ばれています。小次郎亡きあとはこの決闘をした島を巌流島と呼ぶようになったそうです。

mar********さん

編集あり2011/11/113:43:38

決闘そのものはあったようです。
でも、小次郎がよぼよぼのおじいさんだったとか、武蔵の弟子が小次郎を集団リンチにしたとか、いろいろ言われています。


参考にしてください。
http://homepage3.nifty.com/ganryu/kousatu4.htm

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる