ここから本文です

日本の自衛隊は実際にはどの程度の戦力を有しているのでしょうか。周辺諸国の戦力...

dor********さん

2006/2/1120:47:44

日本の自衛隊は実際にはどの程度の戦力を有しているのでしょうか。周辺諸国の戦力と比較してどうでしょうか。抑止力としては十分なんですか。某大国が攻めてきたらひとたまりもないような気がするんですが。どうやって守るんでしょうか?

閲覧数:
1,254
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tai********さん

2006/2/1122:41:33

戦闘機や戦車、ヘリ、護衛艦、ミサイル、地雷、コンピューター、など、主力兵器の性能や質はどれも優れています。それにイージス艦のような某国が持っていない最新艦船もあります。
しかし、物量では完全に劣っています。航空機、艦船、戦車、ミサイル、などの兵器、それに備蓄している弾薬や燃料など。兵士の数も違いすぎます。
自衛隊はアメリカの方針により、あくまで米軍の補助戦力となっています。仮に日本が攻撃された場合、自衛隊に数日間持ちこたえさせ、後は米軍が本格的な反攻作戦をとります。つまり、自衛隊は米軍の捨石、盾なのです。
日本の防衛は、米軍抜きでは考えられません。当然、某国が攻めてきたときは、自衛隊だけでは負けます。先日の「戦国自衛隊」というドラマや映画のようなものです。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kin********さん

2006/2/1202:58:33

日本はあくまで防衛用の戦力しか有していませんから、他国の軍事力とは比較しにくいです。
少なくとも防衛大綱によるならば、航空戦力などは早期警戒態勢で迎撃(索敵能力に関しては日本は一流です)、地上部隊に関しては日本海沿岸で迎撃することを基本方針としています。
かつては海岸線一帯に地雷を敷設することにより防衛は完璧とされていたのですが、対人地雷禁止条約を批准してしまったため、抜本的な防衛計画見直しを迫られています。しかし、現在の仮想敵国は装備の近代化が進んでいますが、ミサイルだの潜水艦だのに金を掛ける割には強襲艇をはじめとする兵員輸送には金を掛けていないため、数百万人ともいわれる敵国陸軍も一度に攻め込めるのは5万人程度が限度とされ、さして地上軍は脅威とみなされていないのが現状です。
日本の防衛が安全かどうかは、現在アメリカと共同で行っているミサイル迎撃システム構築の成否にかかっていると思います。

ini********さん

2006/2/1121:39:33

ハード(武器)に関しては世界でも数本の指に入りますがソフト(兵士)としてはかなり下の方でしょう。実践経験が無いので仕方ないですが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる